見る・遊ぶ

ヒット映画の模倣作「モックバスター」、渋谷で特集上映-「タイタニック2012」も

タイタニック沈没事故から100年後の2012年を舞台にした日本初披露作「タイタニック2012」より

タイタニック沈没事故から100年後の2012年を舞台にした日本初披露作「タイタニック2012」より

  • 0

  •  

 渋谷のミニシアター「シアターN渋谷」(渋谷区桜丘町、TEL 03-5489-2592)で現在、米The Asylum社の「MOCKBUSTER(モックバスター)=大ヒット模倣作品」をレイトショー上映する「ASYLUM祭-アサイラムってなんだ?!-」が開催されている。

 「大ヒット映画」の模倣映画「モックバスター」を制作する同社が手掛けた過去の作品や、日本初公開となる作品など11作品を特集上映。「極秘任務」中に重傷を負った米軍特殊部隊の兵士が「体外離脱」により移動させられた火星での物語を描いた「アバター・オブ・マーズ」、名探偵シャーロック・ホームズとその相棒ワトソンが「人間業とは思えない」事件の調査に乗り出す「シャーロック・ホームズVSモンスター」(以上2009年)、テロリストによりプログラムを書き換えられ「殺人マシーン」となったターミネーター「TR-5」と人間の戦いを描いた「ターミネーターズ」(2008年)など。

[広告]

 日本初公開となるのは、「タイタニック号沈没事故」から100年後の2012年を舞台にした「タイタニック 2012」(2010年)や、4月1日に公開を予定し東日本大震災を受け公開延期となった「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と見まがうようなストーリー、設定の「バトル・オブ・ロサンゼルス」(2011年)など4作品。

 鑑賞料は、一般=1,500円、学生・シニア=1,000円ほか。初回はチラシ持参(3人~)で500円割引、2回目以降は半券持参で500円割引。4月1日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞