新型コロナ関連渋谷区ワクチン接種計画

表参道で「ニットソーイング」展-「ウエディングドレス」など270点

写真は水戸店(教室)の生徒・皆川妙子さんが娘の結婚式のために作ったというウエディングドレス

写真は水戸店(教室)の生徒・皆川妙子さんが娘の結婚式のために作ったというウエディングドレス

  • 0

  •  

 表参道ヒルズ(渋谷区神宮前4)本館地下3階「スペースオー」で10月22日・23日、ニットソーイング作品展「ニットソーイングの世界」が開催される。主催はニットソーイングクラブ(千葉県船橋市)。

 1973年に縫製工場として創業した同社は、ロックミシンを使用することで1枚の作品が「30~60分で縫える」洋裁教室「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」を現在、国内220か所、海外5か所で展開。会員は女性のみで、50~60代が中心という。

[広告]

 これまで各地で作品展は行ってきたが、今回「全教室」を合わせた初の作品展を開く。同社広報担当の飛田慎太郎さんは「表参道はファッションで最先端を行く街。新しい試みなので未知数だが、新しい顧客の獲得や若い層へのブランディングができるのでは」と期待を寄せる。

 会場には、国内外の同クラブに所属する会員約3万人が作成したニット作品の中から選んだ270点を展示。ニット素材のカジュアルウエアやウエディングドレス、ダンス用ドレスなどさまざまなデザインの作品が一堂にそろう。期間中は、ハンカチなどの生地を持参した人に、ステンシル加工など「二次加工」を紹介するコーナーも用意する。価格は500円。

 「30代の会員も増えている。洋裁離れが進む20代の方などにも改めてニットソーイングを知っていただきたい」と飛田さん。

 開催時間は11時~18時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース