南青山にスペイン発チョコレート「カカオサンパカ」国内2号店-カフェ併設

南青山にスペイン発チョコレートショップ「CACAO SAMPAKA」がオープンする。(写真=外観イメージ)

南青山にスペイン発チョコレートショップ「CACAO SAMPAKA」がオープンする。(写真=外観イメージ)

  •  
  •  

 南青山・スパイラル裏手に11月27日、スペイン発チョコレート専門店「CACAO SAMPAKA(カカオサンパカ)」の国内2号店「CACAO SAMPAKA 南青山店」(港区南青山5)がオープンする。経営は海外製品の輸入・販売を手がけるCSJ(千代田区)。

 カカオサンパカは1999年スペイン・バルセロナで創業。「スペイン王室御用達」としても知られ、スペイン国内に5店舗を出店するほか、ドイツやポルトガル、サウジアラビアなどでも店舗を展開。日本ではCSJが2008年に独占販売権とマスターフランチャイズ権を取得し、同年11月から通販サイトで販売を開始。昨年9月「丸の内パークビルディング」(千代田区)に1号店をオープンした。

[広告]

 国内2店舗目となる南青山店は、同日オープンする結婚式場「南青山サンタキアラ教会」の敷地内に出店し、チョコレートの販売に加え、国内初となるカフェを併設する。店舗面積は約60坪で、席数は60席。結婚式の二次会や各種パーティーなどに利用できるパーティースペースも設ける。

 室内を常時16度前後にするなど「チョコレートに最適な環境」にする物販エリアでは、一口サイズのチョコレート「ボンボンチョコレート」(5種類、4個=1,440円~16個=6,930円)や、チョコレート菓子「タンタシオン」(7種、600円~1,890円)などを販売。チョコレートドリンク用のフレーク(3種)なども用意する。

 カフェでは、チョコレートドリンク(3種)やソフトクリーム「ジャラッツ」(2種)、チョコレートなどのチョコレートメニューのほか、ハモンイベリコを使ったバゲットサンドやスペイン産ワイン、ビールなどのアルコールも提供する。パーティースペースは来春オープン予定。

 営業時間は8時~20時。

  • はてなブックマークに追加