スパイラルに期間限定「ベルト」店-老舗バッグメーカ―が初出店、実演販売も

革かばんブランド「ヘルツ」が初のベルトコレクションを展示・販売する(写真はイメージ)

革かばんブランド「ヘルツ」が初のベルトコレクションを展示・販売する(写真はイメージ)

  • 0

  •  

 南青山・スパイラル(港区南青山5)1階ショーケースに9月4日から、手作り革かばんメーカー「ヘルツ」(渋谷区渋谷2)初のベルトコレクションを展示・販売する期間限定ショップ「HERZ(ヘルツ) 7 DAYS IN 表参道」がオープンする。

[広告]

 1973(昭和48)年に創業し、渋谷に直営店や工房を展開している同社。イタリアの伝統的な製法による皮革素材「植物タンニンなめしレザー」のみを使い、手作りでかばんを作り続けている。以前から「オリジナルの革ベルトを本格的に展開したい」と考え、直営店やオンラインショップでトライアルを繰り返した結果、「品質の安定などを確認できた」ことからショップ出店するに至った。

 自社店舗ではなくスパイラルでの展開を決めた理由について、同店プロジェクトリーダーで「作り手」でもある北野景さんは「(全直営店が渋谷2丁目に集積していることから)最寄り駅が表参道でも弊社店舗をご存じでない方もいらっしゃる」とし、「ベルトは革かばんや小物よりすそ野が広いため、よりさまざまな方が集まる場所を選んだ」と話す。「当ブランドをご存じでない方には、かばんの先入観を持たずにベルト商品を判断していただけるのでは」とも。

 店内の中央には製法用のミシンや作業台、刻印用の機械などを設置。その場でオーダーを受け、作る「実演販売」を行う。ベルトの価格帯は7,000円台~1万7,000円ほど。イタリア製など3種の植物タンニンなめし革を用意し、ウオッシュ加工や編み込み、プレスプリントなどの加工を施したベルトと約30種のオリジナルバックルを組み合わせることができる。5色展開で、300種類以上の組み合わせが可能。店内ではバッグや小物・雑貨も展示・販売する。

 「今までは男性のお客さまが多いイメージが強いが、レディス製品も多くそろえるので、女性の方々にも気軽に立ち寄っていただければ」と話す。ベルトコレクションは今後、同イベントの成果を受けMDの見直しなどを検討。直営店やオンラインショップでの展開、卸販売も視野に入れている。

 営業時間は11時~20時。今月10日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース