渋谷パルコで「リップスライム大博覧会」-衣装、ノベルティーなど一堂に

来場したRIP SLYMEのメンバーたち。前列左がRYO-Zさん、同右がILMALIさん

来場したRIP SLYMEのメンバーたち。前列左がRYO-Zさん、同右がILMALIさん

  • 0

  •  

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)パート1・6階のギャラリー「パルコ・ファクトリー」(TEL 03-3477-5873)で7月14日、ヒップホップグループ・RIP SLYMEの展覧会「RIP SLYME大博覧会『GOOD TIMES』2001~2010」が始まった。

ノベルティーなどを色別に展示する会場風景

[広告]

 撮影時の着用衣装などからメジャーデビュー10周年を迎えたリップスライムの活動を振り返る初の展覧会。各CDの発表時に使ったポスターやノベルティーなどのグッズ、アートワークを展示している。

 会場構成はリップスライムのCDジャケットなどを手がけるデザイングループ「groovisions」が担当した。会場の床部分に各アイテムを色別に並べ、来場者は一段上がった通路から展示品を見下ろす仕組み。テレビモニターではこれまでの作品のPVを上映し、8月4日に発売されるベストアルバム「GOOD TIMES」に収録されている「SCAR」の「パルコ特別編集版」も披露する。

 同13日には、リップスライムのメンバーが来場。RYO-Zさんは「全部が下に並べられていて『押収品』を見ているような感じ。最初のアルバム『FIVE』の(ジャケットデザインにも使用した)バカボンキャラ(風にアレンジされたイラスト)のものが目に付いた」。ILMARIさんは「だいぶいろんなものを作ったなと思った。こんなのもあったと懐かしく感じる。ジグソーパズルを途中まで作ってギブったというのを思い出した」というエピソードも。

 会場には「楽園ベイベー」発売時の法被や「GALAXY」発売時のビーチサンダルセット、「STEPPER'S DELIGHT」のプロモーションビデオなどで着用したオレンジ色のつなぎなどの思い出の品が並ぶ。ILMARIさんが話したジグソーパズルは、2004年のライブ「Dance Floor Massive」で来場者に進呈したもの。

 このほか、「初期キャラクター復刻 Tシャツ」(2,675円)や、シングル「FUNKASTIC」のジャケットをデザインした「トイレットロール」(315円)などを販売。アルバム「TOKYO CLASSIC」発表時の「竹製のはしとはし箱セット」(2,100円)やベストアルバム「GOOD JOB!」発表時の「缶ペンケース」(1,365円)などの復刻ノベルティーのほか、展覧会オリジナルの「オペラグラス」(400円)、「タンブラー」(1,575円)、「クリアファイル」(3種、各420円)なども販売する。

 RYO-Zさんは「音楽をやっているグループなので普段(音源を)耳にすることはあると思うが、(展覧会は)目で見て分かるここ10年。大量のアートを楽しみに来てやってください」と呼びかけた。

 営業時間は10時~21時(最終日は18時まで)。入場料は、一般=400円、学生=300円、小学生以下無料。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース