原宿にカレー店「カリーアップ」-NIGOさんがプロデュース、GHEEの味再現

原宿にオープンした「CURRY UP」のファサード。2005年に閉店した「GHEE」の味を再現する

原宿にオープンした「CURRY UP」のファサード。2005年に閉店した「GHEE」の味を再現する

  •  
  •  

 原宿・千駄ヶ谷小学校近くに2月1日、NIGOさんがプロデュースしたカレー店「CURRY UP(カリーアップ)」(渋谷区神宮前2、TEL 03-5775-5446)がオープンした。経営はCURRY UP(同)。

片山正通さんが手がけた店内

 2005年3月に閉店した原宿のカレー店「GHEE(ギー)」でのアルバイト経験があるNIGOさんがトータルプロデュースし、「当時の味を再現」し提供する同店。ギーは原宿で22年間営業していたカレー店で、松田ケイジさんや故川村かおりさんらがアルバイトをしていたことでも知られる。

[広告]

 オーナーシェフの橋本賢太郎さんは「2年ほど前、NIGOさんから(ギーの味を再現した)カレー店を出店したいという話を受けた。そこから、ギーでシェフをしていた方に教えてもらうことができ、当時の味に近づけることができた」と話す。

 店名は、米歌手で音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムさんが名付けた。店舗面積は約18坪で、席数はカウンターやテーブルなど20席を用意。ガラス張りのファサードには、デザイナーのTETさんが手がけたロゴを掲出。片山正道さんが手がけた店内の壁面は白を基調に、ソファやいすは黒、テーブルは茶色で統一。壁面に掲げた時計もオリジナルで制作した。

 ギーのフルメニューをそろえる同店。ランチでは、「バターチキンカレー」「ビーフカレー」「キーマカレー」「ベジタブルカレー」(各種S=800円、M=1,000円、L=1,200円)などを用意。土曜・日曜・祝日と平日のディナーには、ランチメニューに加え、「なすのカレー」「ほうれんそうのカレー」などのカレーや、「スパイシーサラダ」(700円)なども提供。「バターチキンカレー」「ビーフカレー」「キーマカレー」「ベジタブルカレー」の4種はテークアウト(各800円、大盛り=100円追加)にも対応する。

 「男性はギーに通っていた30~40代の方が懐かしんで来店する方が多く、女性は、近くの会社に勤めている20代の女性が多い。現在の男女比は6:4くらい」と橋本さん。「仕込みが追いつかず、用意している150食がランチの段階でなくなることもある」とうれしい悲鳴も。今後、国内をはじめ海外への出店も視野に入れる。

営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時30分~21時(土曜・日曜・祝日=11時30分~20時)。

  • はてなブックマークに追加