文化村通り店が「ラッシュ」初のコンセプト店に-クリスマス仕様に変身

「ラッシュ渋谷文化村通り店」でコンセプトショップを展開。店舗を使って「もっともLUSHなクリスマス」を表現する

「ラッシュ渋谷文化村通り店」でコンセプトショップを展開。店舗を使って「もっともLUSHなクリスマス」を表現する

  •  
  •  

 英ハンドメードコスメブランド「LUSH(ラッシュ)」を国内展開するラッシュジャパン(港区高輪3)は11月12日から、「ラッシュ文化村通り店」(渋谷区道玄坂2、TEL 03-5459-3630)で初のコンセプトショップ「Creative LUSH(クリエーティブラッシュ)」を展開している。

 「クリエーティブラッシュ」は、「クリエーターの、クリエーターによる、クリエーターのためのLUSH」をコンセプトに、コラボレーションするクリエーターが店舗を使ってテーマや商品、「LUSHブランドが持つクリエーティビティ」を表現するもの。

[広告]

 同社PRマネジャーの宮入史恵さんは「コンセプトショップの展開は、店舗の数だけ個性があっても良いと考えたことが背景にある」とし、「文化村通り店は渋谷駅前店ほど便利な場所にある店ではないが、駅前店とは違う役目があると考えた。コンセプトショップを導入して店の個性を生かそうと思った」と話す。

 同ブランドのギフトデザインなどを担当するアートディレクター二口万弥さんがプロデュースを手がけた同店。バスボム「おとぎの国のサンタ」(600円)やバブルバー「ちっちゃなハイホー」(680円)などクリスマス限定商品の発売に合わせ、「もっともLUSHなクリスマス」をテーマに展開する。店内に暖炉を設置するほか、2メートルを超すクリスマスツリーを配置するなど、「クリスマスのワクワク感」を演出。マッサージバー「セクシーボーイ」(950円)の元となったジンジャーマンクッキーなどをツリーに飾ることで、「商品ができた経緯などを説明することができる」という。

 そのほか、店頭にはクリスマスギフト商品「サンタさんのおうち」(2,850円)を4倍のサイズ(62センチ×62センチ×85センチ)にした「白い家」をディスプレー。12月からはこの白い家に二口さんがクレヨンで色を塗り始め、同25日に塗り終わる予定。

 同社は今後、商品製造にかかわるクリエーターとのコラボを計画するほか、写真家やアーティストなどの社外クリエーターとのコラボも予定する。「コラボレートするクリエーターならではの表現方法で当ブランドを伝えていけたら」(宮入さん)とも。

 営業時間は11時~21時30分。12月27日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞