石原都知事も作品購入-恵比寿のアート・バーで新鋭油絵画家が個展

「炎上し、儚き想い出を照らす涙の船」(2009年=写真)は、「ノアの箱舟」がモチーフ ©杉田陽平

「炎上し、儚き想い出を照らす涙の船」(2009年=写真)は、「ノアの箱舟」がモチーフ ©杉田陽平

  •  
  •  

 新鋭油絵画家、杉田陽平さんの個展「杉田陽平展」が5月23日から、恵比寿のアート・バー「entkukui(エンククイ)」(渋谷区恵比寿1、TEL 090-2522-0991)で開催される。

 1983年、三重県生まれの杉田さんは、高校時代、恩師の勧めで絵画の道を選び、武蔵野美術大学に入学。在学中の2004年に東京都が主催する公募展「トーキョーワンダーウォール」に入選し、翌2005年には二人展「HAPPY PAINTING(ハッピーペインティング)」(トーキョーワンダーサイト本郷)を開催。

[広告]

 その後、色の濃淡でモチーフを描くスタイルに「行き詰まりを感じた」という杉田さんは、2006年に描写スタイルを再検討。「皮膚が弱かった幼少期、朝起きたら布団の上に自分と同じような形のかさぶたがあった」という実体験をもとに、「皮」に見立てた絵の具をキャンバスに「移植」していく現在のスタイルを考案。同年行われた公募展「トーキョーワンダーシード」では、新スタイルで描いた作品を出品し入選。石原慎太郎都知事が杉田さんの作品を購入して話題を集めた。

 同展では、新作2点と好評だった旧作2点をそれぞれ展示。スターバックス青山骨董通り店(「青山芸術祭2007」)での企画に続き、2度目の展示となる飲食空間での展示について、杉田さんは「音楽で言う『ストリートライブ』に近く、何を言われるか怖いが、自分の作品に対する正直な意見を検証するチャンス」と意気込む。

 営業時間は19時~翌2時。日曜・祝日定休。6月5日まで。

  • はてなブックマークに追加