「東京コレクション」スケジュール決定-原宿に実力派・若手集結

6日間で若手からベテランまで39ブランドがショーを行う(写真=「JFW」公式ホームページトップ)

6日間で若手からベテランまで39ブランドがショーを行う(写真=「JFW」公式ホームページトップ)

  •  
  •  

 日本ファッション・ウィーク推進機構(本部=中央区)は、3月23日に開幕する「第8回 東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW)」の中核イベントとなる東京コレクション・ウィークの詳細スケジュールを発表した。前回に続きメーン会場となる六本木「東京ミッドタウン」周辺をはじめ、「ラフォーレミュージアム原宿」(渋谷区神宮前1)、「原宿クエストホール」(神宮前1)など原宿エリアを中心に、広域渋谷圏の会場でも参加39ブランドの3分の1を上回る16ブランドがショーを行い、2009-10年秋冬の新作を披露する。

 9ブランドが参加する原宿クエストホールでは初日、若手デザイナー小野原誠さんが手掛ける「motonari ono」、2006年からパリでもコレクションを発表する「KAMISHIMA CHINAMI」の2ブランドが登場。同会場には2日目以降も、昨年東京コレクション最年少デビューを果たした鷺森(さぎもり)アグリさんが手掛ける「AGURI SAGIMORI」(24日)、中国でデザイナーデビュー後、昨年プレタポルテラインを立ち上げた荒井沙羅さんの「araisara」(25日)、メンズブランド「ILIAD」のデザイナーとしても知られる野田源太郎さんが手掛ける「HEATH」(26日)など注目の若手が連日登場する。

[広告]

 ラフォーレ原宿最上階のイベントスペース「ラフォーレミュージアム原宿」では、人気ブランド「THEATRE PRODUCTS」(23日)をはじめ、1999年から活動を続ける「翡翠(ひすい)」(25日)、エレガントなアイテムに定評がある「HAN AHN SOON」(26日)などの実力派ブランドがショーを行う。

 このほか、初日は「EBIS 303」(恵比寿1)に堀畑裕之さん、関口真希子さんによるデュオブランド「matohu(まとふ)」が登場。代官山ヒルサイドテラス(猿楽町)では、欧州、米国にも進出する「RITSUKO SHIRAHAMA」(27日)、目黒「クラスカ」では最終日の28日、「MIKIO SAKABE」など若手3ブランドがそれぞれステージに上がる。

  • はてなブックマークに追加