新型コロナ関連12~64歳も6月中に接種券発送

プラスチック製トイカメラ「ダイアナ」-南青山「ロモ」旗艦店で企画展

展示される120ミリプラスチックカメラ「ダイアナ」などを並べた「Diana World Tour」メーンビジュアル

展示される120ミリプラスチックカメラ「ダイアナ」などを並べた「Diana World Tour」メーンビジュアル

  • 0

  •  

 今年7月オープンした「ロモ」国内初の旗艦店「Lomography Gallery Shop Tokyo(ロモグラフィー・ギャラリーショップ・トーキョー)」(港区南青山2、TEL 03-6418-7894)で11月7日より、120ミリプラスチックカメラ「Diana(ダイアナ)」などを一堂に集めた企画展「Diana World Tour」が開催される。

 ダイアナは、1960年代香港の小さな工場で生産されたプラスチック製のトイカメラ。当時は商業的に失敗に終わり、1970年代に生産が中止された。それから約30年後の昨年、ダイアナの復刻モデル「ダイアナ+(ダイアナ・プラス)」が販売され一躍注目を集めた。復刻モデルは中国の工場で製造され、ボディーはオリジナルそのものの型を使い、レンズ交換が可能になった。フラッシュ付きの「ダイアナ F+」や同カメラの望遠レンズなど、さまざまな関連商品も同時に販売された。

[広告]

 同展では、米フォトグラファーでダイアナのコレクター、アラン・ディートリッヒさんの「Detrich Collection(ディートリッヒ・コレクション)」から100機以上を展示する。ディートリッヒさんが収集するダイアナは、オリジナルではなく複製品として市場に出回った「ダイアナクローン」と呼ばれるもの。企業が景品などとして製造したもので、オリジナルにはない、それぞれに異なる機能やデザインなどが見られるのが特徴。

 会場となるギャラリー空間では、一般からの募集で集まった「ダイアナ+で撮影した写真」も展示。「東京」をテーマにセレクトした数百枚を紹介する。店内のショップスペースでは、「ダイアナ +」(4,830円)や「ダイアナ F+」(9,345円)、ダイアナ+の交換レンズ(4,620円~)なども販売する。

 営業時間は12時~20時。12月26日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース