ナディッフ、三島由紀夫・前衛ヌード写真集「薔薇刑」を復刻へ

アート書店、ナディッフが発行する「薔薇刑」(復刻版)カバー。日本版・海外版を各500部限定で発売

アート書店、ナディッフが発行する「薔薇刑」(復刻版)カバー。日本版・海外版を各500部限定で発売

  • 0

  •  

 写真家・細江英公(えいこう)さんが人気絶頂期の三島由紀夫を撮り下ろし話題を呼んだ著書「薔薇刑」が11月、アート書店「ナディッフ」を運営するニューアートディフュージョン(渋谷区恵比寿1)によって「復刻」する。

 1963年に発表された同著は、三島由紀夫のヌードを前衛的な構図で写し出し、人気作家のセンセーショナルな姿とマゾヒスティックな表現が話題に。細江さんは同作で日本写真批評家協会作家賞を受賞した。三島由紀夫の死後も、横尾忠則さんの装丁による新版が刊行され、世界の代表的な写真集のひとつとして「20世紀101冊の名作」にも選ばれるなど、根強い人気を誇っている。

[広告]

 「復刻版」は、1963年に刊行されたオリジナル版の装丁を手掛けた杉浦康平さんと、細江さんが共に監修を手掛け、カバーや段ボール外箱に至るまで「細部まで完璧に仕上げた」(同社)。細江さんのサインや手書き番号も付く。日本版、海外版を各500部限定で発売する。価格は50,000円(来年2月1日から55,000円)。

 今年7月、恵比寿東口エリアにオープンした「NADiff a/p/a/r/t」(恵比寿2)をはじめ、恵比寿ガーデンプレイス・東京都写真美術館内の「NADiff X10」、渋谷・Bunkamura「NADiff modern」(道玄坂2)などナディッフ系列書店で11月11日より販売を開始する。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞