渋谷で「香港シネマウィーク」-ジャッキー・チェンさん初期作品など

ジャッキー・チェンさん主演「ファースト・ミッション」(1985 年、サモ・ハン・キンポー監督)より ©1985松竹/O.C.S.All RightsReserved.

ジャッキー・チェンさん主演「ファースト・ミッション」(1985 年、サモ・ハン・キンポー監督)より ©1985松竹/O.C.S.All RightsReserved.

  • 0

  •  

 ジャッキー・チェンさん主演の初期作品やホラーなど計10作品以上の香港映画を一挙に公開する2つの特集上映「2008香港エンタテインメントシネマ・ウィーク」「香港カルトシネマ・フェスティバル」が10月18日、共に渋谷のミニシアター「シアターN渋谷」(渋谷区桜丘町、TEL 03-5489-2592))で開幕する。

[広告]

 映画祭は、北京五輪の開催で国際社会からの注目も集まった今年、香港映画の魅力を再認識してもらうと、映画宣伝などを手掛けるフリーマン・オフィス(中央区)が企画・主催。同社の筒井修社長は配給やDVD販売などで香港映画関連の事業に20年以上にわたり携わっているといい、昨年同じくシアターN渋谷で開催した特集上映「香港レジェンド・シネマ・フェスティバル」も「大変好評だった」(同社宣伝部)という。

 今年は、エンターテインメント作品を取り上げるメーン企画と、ホラーやカンフー、ファンタジー作品などの「カルト」作品を集めた関連企画の2部構成で各テーマに沿った作品を上映。「東洋のハリウッド」と呼ばれた映画会社「ショウ・ブラザース」スタジオの作品などを通じ、香港映画の魅力をアピールする。

 メーン企画「2008香港エンタテインメントシネマ・ウィーク」の上映作品は全7作。ジャッキー・チェンさん初の「演技派」作品として注目を集めた「ファースト・ミッション」(1985 年、サモ・ハン・キンポー監督)は、DVD化を記念し、23年ぶりにフィルム上映。知的障害者の兄と、船乗りを夢見る、チェンさん扮する刑事の弟が織りなす兄弟愛と悪の組織との抗争を描いた同作は、日本公開当時のフィルムが1本存在していたことが分かり、DVD化に先駆けスクリーン上映が決まったという。

 チェンさん出演作では、今年2月に亡くなったチェンさんの実父、房道龍(フォン・ダオロン)さんの波乱の人生を追ったドキュメンタリー「失われた龍の系譜~トレース・オブ・ア・ドラゴン」(2003年、メイベル・チャン監督)も上映。ほかに、人気シンガー、ワン・リーホンさん初主演作品の「拳神 KENSHIN」(2001年、アンドリュー・ラウ監督、コリー・ユン監督)や、スター俳優、レスリー・チャンさんとアンディ・ラウさんが共演し男の対決を描いた「上海グランド」(1996年、プーン・マンキッ監督)などのメジャー作をラインアップ。

 同時企画の「香港カルトシネマ・フェスティバル」では、日本初上陸作品を中心にカルト色の強い5作品を上映。香港カルト・ホラーの中でも世界的評価の高いカイ・チーホン監督の代表作「魔 デビルズ・オーメン」(1983年)は、キックボクサー対黒魔術師というユニークな設定と、グロデスクな怪物などが見どころ。1982年公開の「如来神拳 カンフーウォーズ」(テイラー・ウォン監督)は、香港の有名コミック「如来神掌」を映画化したファンタジー・カンフーアクションで、チャウ・シンチー監督・主演「カンフーハッスル」の元ネタのひとつにもなった作品。

 会期中は、ジャッキー・チェンさんやレスリー・チャンさんら香港人気スターのサインをロビーに展示。今月18日の「魔 デビルズ・オーメン」上映終了後には、映画評論家・宇田川幸洋さんによるトークイベントを開催する。

 鑑賞料(当日)は全作品ともに1,500円。今月24日まで。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース