代官山「ミスター・フレンドリー」ショップが改装-カフェ新メニューも

リニューアルオープンした「MR.FRIENDLY Cafe」外観。外壁の一部にコケを使い緑化するなどエコに配慮

リニューアルオープンした「MR.FRIENDLY Cafe」外観。外壁の一部にコケを使い緑化するなどエコに配慮

  • 0

  •  

 雑貨メーカー、スーパープランニング(本社=静岡県浜松市)の人気キャラクター「MR.FRIENDLY(ミスター・フレンドリー)」の単独店「MR.FRIENDLY DAILY STORE」(渋谷区恵比寿西2)が10月10日、店舗デザイン、コンセプトなどを一新しリニューアルオープンする。

定番ホットケーキが乗ったソフトクリームサンデー

[広告]

 ミスター・フレンドリーは1988年「友達と仲良くしようね」をコンセプトに誕生。まゆの下がった優しげな表情と、キャラクターをモチーフにしたカラフルでポップな文具・雑貨などの商品が特徴で、ショップは1994年、代官山にカフェを併設するかたちでオープンした。

 「生誕」20周年を迎える今年、環境に配慮した「エコ」な仕掛けを随所に用意したカフェ業態としてショップを衣替え。店名も「MR.FRIENDLY Cafe(ミスター・フレンドリーカフェ)」(TEL 03-3780-0986)に改める。いすやテーブルなどに間伐材を積極的に取り入れたカフェは、店舗面積約12坪。全22席を設け、いすには不要になったTシャツで作る「リユースTシャツ」を使ったクッションを並べる。

 エントランス壁面には不要になったスケートボードの板を再利用したパーツを貼り、照明のシェードは古くなったブラウン管をリメーク、店内のドアノブや取っ手も改装前の店のものをそのまま使うなど、随所で古くなったものを「リユース」。ファサードにはあえて大きな看板を置かず、外壁の一部はエコモス(コケ)で緑化した。

 カフェでは従来の店舗を踏襲し、オーガニック食材など「体に優しい」素材を使ったスイーツやドリンクを提供。ミスター・フレンドリー型の定番ホットケーキ(7個入り263円、18個入り630円)には「秋」バージョンの「抹茶」も登場。スイーツはほかに「ナナナチョコクレープ&ソフト」、秋冬限定の「キャラメルりんごクレープ&ソフト」(共に580円)、バニラ、ストロベリーなど5種類から選べるミルクソフトクリーム(各380円)などを用意。

 ミスター・フレンドリーホットケーキも付く「サンデー」は、秋冬メニュー「抹茶寒天とさつまいものアイスのサンデー」(600円)など。ドリンクは低速回転のミキサーで果物や野菜の栄養素を逃さないフレッシュジュース「マンゴーミルク」(550円)、「りんごとにんじんのジュース」(600円)などの新メニューをはじめ、「オーガニックコーヒー」(380円)、インド・ダージリン地区の有機栽培茶葉を使った「オーガニックダージリンティー」(380円)、「ゆず茶ソーダ」(450円)、ジンジャエール(380円)などを提供する。客単価は700~800円を想定。

 物販区画では、カフェのロゴをあしらった同店オリジナルマグカップ(840円)や、エコバッグ、Tシャツ、キーホルダー、ぬいぐるみなどのミスター・フレンドリーグッズを販売する。

 営業時間は11時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース