縄跳び集団「縄☆レンジャー」、表参道ヒルズ大階段でパフォーマンス

「縄☆レンジャー」のパフォーマンス風景

「縄☆レンジャー」のパフォーマンス風景

  • 0

  •  

 表参道ヒルズ(渋谷区神宮前4)本館大階段で7月13日、ロープパフォーマンス集団「縄☆レンジャー」によるイベントが行われた。

[広告]

 縄☆レンジャーは、縄跳びを使い多彩なパフォーマンスを披露する男女6人のグループ。ダンサーやラッパー、外国人留学生とそれぞれ違う経歴を持ち、2004年ごろに現在のメンバーに定着した。平日は全国各地の小学校で講習イベントなどを行い、休日はパーティーやイベント会場などでパフォーマンスを行う。メンバーのひとりサダさんは、南アフリカで縄跳びの世界大会に挑戦中のため、現在は5人で活動している。

 日曜日でにぎわう買い物客を前にロープパフォーマンスを披露した同グループ。大階段の限られたスペースにDJブースを設置し、MCソフィーさんの軽快なトークの中、縄の中でのアクロバティックなバク転や、息のあった2人同時の演技などの技も飛び出した。演技中、高速で回転する縄の中でメンバーがスピードに合わせたステップを踏むと、買い物客から拍手が送られる場面も。途中見ていた小学生が縄跳びに飛び入り参加する一幕も見られた。

 演技終了後、外国人メンバーのジャネットさんは「組み合わせによって技は無限にできる。これからもさまざまなパフォーマンスにチャレンジしたい」と意気込みを話したほか、ダンサーとしても活躍する女性メンバーの小梅さんは「道具を使う点がロープパフォーマンスとダンスとの違い。チャレンジ精神を刺激する競技」。メンバーの一人、ユウジさんは「それでも苦労より(パフォーマンスを披露できる)喜びの方が大きい」と続ける。「単純明快な縄跳びは、子どもたちともすぐに打ち解けることができる」(ユーティーさん)とメンバーそれぞれ縄跳びの魅力を感じている。

 今後の活動についてユウジさんは「世界を舞台に、さらにグローバルな活動を進めていきたい」と意欲をのぞかせている。表参道ヒルズでは同11日から3日間にわたり夏のセールを開催。セール最終日のこの日は「縄☆レンジャー」が2回の公演を行った。

縄☆レンジャー福岡三越、中元商戦本格化へ向け決起大会-「天神レンジャー」参上(天神経済新聞)「ア∞ス戦隊ゴミ拾いレンジャー」-名駅周辺をコスプレ姿でゴミ拾い(名駅経済新聞)住職がヒーロー戦隊「ミョウレンジャー」発足-西陣活性化に一役(烏丸経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース