新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は1人

写美で「昆虫4億年の旅」展-20年以上とらえ続けた「昆虫」の記録

花にやってくる小昆虫を待つハラビロカマキリ。「構えの姿勢をとるハラビロカマキリ」(2006年、作家蔵)

花にやってくる小昆虫を待つハラビロカマキリ。「構えの姿勢をとるハラビロカマキリ」(2006年、作家蔵)

  • 0

  •  

 東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス、TEL 03-3280-0099)は7月5日より、自然写真家、今森光彦さんの写真展「昆虫 4億年の旅」を開催する。会場は2階展示室。

[広告]

 1954年滋賀県生まれの今森さんは、独学で写真を学び、1980年からフリーランスの写真家として活動。琵琶湖近くの田園にアトリエを構え、幼少期から興味を持った「昆虫」を取材、撮影しながら、世界各地の熱帯雨林や砂漠にも足を延ばしている。木村伊兵衛写真賞(第20回)をはじめ、受賞経験も多数。

 同展では、代表作に新作を加えた約200点を、2部構成で紹介する。第1部は、1994年に発表した大型本「世界昆虫記」(福音館書店刊)の作品を中心に、20年以上の取材期間を費やした「驚異の昆虫たちの生態」を追う。第2部では、身近に生息する昆虫にさまざまな角度で迫った写真を展示。接写で色鮮やかに写し出した昆虫や大自然や人とのコントラストなど、神秘に満ちた昆虫の世界が広がる。

 会期中7月21日、8月9日には今森さんらがアーティストトークを行うほか、7月22日は1階ホールで上映イベント「映像詩・里山」を開催する。開館時間は10時~18時(木曜・金曜は20時まで)。月曜休館。入場料は、一般=800円、学生=700円ほか。8月17日まで。

東京都写真美術館米国史に迫る大規模写真展「ヴィジョンズ・オブ・アメリカ」?写美で(シブヤ経済新聞)那覇・国際通りに初の「甲虫専門店」-カブトムシ・クワガタ千頭以上扱う(那覇経済新聞)10年間とらえ続けた「デコトラ」の群像-田附勝さん写真展(シブヤ経済新聞)「空の風景」を撮り続ける写真家HABUさん-渋谷で個展(シブヤ経済新聞)ホンマタカシさん写真展-8年間とらえ続けた「波」の記録(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース