食べる

イラストレーター黒川知希さん初の個展-渋谷の地下ギャラリーで

©Tomoki Kurokawa

©Tomoki Kurokawa

  •  
  •  

 渋谷のコンテンポラリー・アートギャラリー「NANZUKA UNDERGROUND(ナンヅカアンダーグラウンド)」(渋谷区渋谷2、TEL 03-3400-0075)は6月28日より、イラストレーターとして雑誌・広告などで活躍する若手、黒川知希さん初の個展を開催する。

 1975年三重県生まれ、埼玉県在住の黒川さんは、2000年よりイラストレーターとして活動を開始。専門教育を受けず「独学」で身に付けた繊細な描写や透明感のある水彩技法などの作風が評価され、雑誌・ウェブなどの媒体や広告、ファッションなどの分野でアートワークを披露してきた。代表作に、自身初の作品集「NO/TE」(黒黒黒刊)などがある。

[広告]

 「Youth(ユース)」と題した初個展にかけた準備期間は約1年。約3メートル×2.5メートルの大作ペインティングを含む新作には、黒川さんが一貫して持ち続けている作品のテーマでもある「社会のノイズ」が所々に表現されている。「食べ終わったお菓子の袋や雑誌の切り抜き、インターネット上に『落ちている』匿名の画像たち」(黒川さん)をイメージソースに、現代社会の「ノイズ」をポップでカラフルな作品に落とし込んだ。

 同展では大作4点を中心としたペインティング8点に加え、ネオン管を使った立体作品2点を公開する。

 営業時間は13時~20時(土曜・日曜・祝日は11時~18時)、月曜・火曜定休。入場無料。7月27日まで。

NANZUKA UNDERGROUND刺しゅうとドローングで紡ぐ「秘密の寓話」-渋谷で姉川たくさん個展(シブヤ経済新聞)渋谷「ナンヅカアンダーグラウンド」リニューアル-3月拡張オープン(シブヤ経済新聞)渋谷で田名網敬一さんの新作展-「金魚」に着想、彫刻作品も(シブヤ経済新聞)渋谷のアートギャラリーが上海の現代アートフェアに初出展(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加