表参道に地域企業アンテナショップ-雑貨・食品など「地域資源」発信

アンテナショップ外観イメージ

アンテナショップ外観イメージ

  • 0

  •  

 中小企業基盤整備機構は3月下旬、表参道に地域中小企業がテストマーケティングを行えるアンテナショップを開設する。首都圏での販路拡大や東京進出を目指す中小企業の支援を目的に、地域ならではの伝統を生かした雑貨類や食品などを展開、観光商品のPRで首都圏客の呼び込みも狙う。

[広告]

 施設は、経済産業省中小企業庁が昨年スタートした新規事業支援施策「中小企業地域資源活用プログラム」の一環として開業。同プログラムは、各地の地域資源を活用し、新サービスや新商品開発につなげる支援施策で、5年間で1,000件の新事業発足を目指している。

 アンテナショップは、表参道から徒歩1分、青山通りを1本入った路面に開く。1階~3階の3フロアで、店舗面積は約170坪(延べ床面積=約200坪)。1階では雑貨やインテリア、観光商品を展開、2階では食品販売に加え、飲食スペースも開設する。3階は、商談コーナー、イベントスペースのほか事務所として機能。展開商品は約500点を予定している。

 店では商品の紹介や食体験などを通じ、「都会の新しい暮らし」を提案していく構え。ターゲットは、20~40代の女性やバイヤーなど。3月下旬にプレオープン後、4月上旬のグランドオープンを目指す。

中小企業基盤整備機構「高野山カフェ」青山に-写経体験などで首都圏客呼び込み(シブヤ経済新聞)表参道に「雪だるま」出現-新潟・PR拠点リニューアルで(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース