天気予報

20

14

みん経トピックス

五月女ケイ子「文具」に挑戦東急旧5000系ストラップ

ギャラリー「ロケット」復活-南青山に移転、「夜のギャラリー」へ

  • 0
ギャラリー「ロケット」復活-南青山に移転、「夜のギャラリー」へ

南青山に再オープンした「gallery ROCKET」外観。ギャラリーは地下1階で夜間のみの営業

写真を拡大 地図を拡大

 原宿・同潤会青山アパートの1室から始まり、約9年間にわたり国内外の気鋭クリエーターを紹介してきた「gallery ROCKET(ロケット)」が昨年、コンセプトも新たに再オープンした。

 「ブルータス」「ヴォーグ・ニッポン」など数々の雑誌や広告デザインなどを手がけるデザイン事務所「キャップ」代表の藤本やすしさんがスタートした同ギャラリーは1996年にオープンした後、原宿の一軒家へ移転。2002年9月からはショップとギャラリーを併設するかたちで青山エリアに拠点を構えていたが、同場所での営業は2005年6月で終了していた。

 ギャラリーはその後、アポイントメント制のショップ&サロン「アポ・ロケ(Appointment ROCKET)」(住所非公開)として一時復活したが、再オープンは2年弱ぶり。新ギャラリー(TEL 03-5412-1815)は昨年11月、南青山3丁目エリアの裏道にあるビルの地下に移転オープンした。コンセプトは「夜のギャラリー」。仕事や食事の後にも楽しめるようにと、夜間限定で営業する。

 ギャラリーでは1月8日より、代表・藤本さんの「蔵書」であるビンテージ雑誌を扱う古本市「CAP BOOK MARKET」を開催。ブックコーディネーターの内沼晋太郎さん(numabooks)がプロデュースを担当し、1940~50年代の「Esquire」など希少なコレクションを展示・販売している。会場では、内沼さんも参加するアーティストユニット「森」や、写真家・かくたみほさんらによる本を使ったアート作品も展示。入場無料。1月12日まで。

 営業時間は17時~21時(最終日は14時~18時)。

Rocketギャラリー「ロケット」、GAS限定ショップとコラボ展(シブヤ経済新聞)内沼晋太郎さん、恵比寿のカフェに「小さな」書店(シブヤ経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

渋谷ヒカリエで体験型恐竜ライブショー「ディノサファリ」。恐竜を間近で見ることができる
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング