「レスポートサック」からステラ・マッカートニーとの協業ライン

「レスポートサック」から来年3月に発売されるステラ マッカートニーとの協業ライン(写真は一部商品)

「レスポートサック」から来年3月に発売されるステラ マッカートニーとの協業ライン(写真は一部商品)

  •  
  •  

 伊藤忠商事(港区北青山2)は、昨年6月に米ブランドサイエンス社と共同買収したバッグブランド「レスポートサック」から、人気ファッションブランド「ステラ・マッカートニー」との協業ラインを発売すると発表した。

 1974年に誕生したレスポートサックは、豊富なプリントで機能性を兼ね備えたナイロン製バッグをアイコンに、世界中で親しまれるバッグブランド。米国のバッグ・服飾雑貨メーカー、ブランドサイエンス社と共同で伊藤忠が買収に名乗りを上げ、新体制後は両社が共同で世界展開に乗り出した。

[広告]

 一方のステラ・マッカートニーは、英ミュージシャン、ポール・マッカートニーさんの次女で仏老舗ブランド「クロエ」のチーフデザイナーも務めたステラ・マッカートニーさんのシグネチャーブランドとして、2002年パリ春夏コレクションでデビュー。2005年にはアディダスと組み、協業ライン「アディダス・バイ・ステラ・マッカートニー」をデビューさせたほか、同年カジュアル衣料大手の「H&M」からも協業ラインを発表。他メーカーとの協業も積極的に手がけてきた。

 今回の協業は、熱心な動物愛護活動家で知られ、自身のラインには一切皮革製品を使わない主義のステラさんと、ノンレザー商品の普及に貢献してきたレスポートサックの思惑が一致したもの。「世界中の女性たちにリアルクローズとして、自分のライフスタイルに基づいた製品を体験してもらいたい」(ステラさん)という思いもあるという。

 協業ラインは、2008年3月から3シーズンにわたり販売。第1弾は、「トラベル」をテーマにしたバッグコレクション20スタイルを発売する。商品は、ピンクやグレー、水色など淡色系のカラーが優しい印象のテキスタイルに、大きめのチェーンやパイピングでハード感を出した商品や、うさぎをモチーフにしたユニークなリュックサックなど。価格帯は22,050円~78,750円。レスポートサック表参道フラッグシップストア(渋谷区神宮前6)など全国直営店や百貨店レスポートサックショップで取り扱う。

 販売元のレスポートサックジャパン(神宮前6)では、契約期間の2008年春夏から2009年春夏までの3シーズンで、小売り上代ベース10億円の売り上げを目指す。

レスポートサックジャパン伊藤忠商事伊藤忠、米バッグブランド「レスポートサック」を買収(シブヤ経済新聞)表参道「レスポートサック」が移転、1.5倍に増床(シブヤ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞