新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は135人

渋谷・ゼロゲート「B.O.A.C」跡に新店-パリ発ジェラート店併設

「NOS Pub」店内の様子。旧店舗「B.O.A.C」から内装も一新し、店内にはバーカウンターも設けた

「NOS Pub」店内の様子。旧店舗「B.O.A.C」から内装も一新し、店内にはバーカウンターも設けた

  • 0

  •  

 飲食店経営・プロデュースなどを手がけるミュープランニングアンドオペレーターズ(港区)は11月1日、渋谷パルコ「ゼロゲート」(渋谷区宇田川町)1階にホットドッグや1コインフードなどを提供する直営店舗「NOS Pub(ノス パブ)」(TEL 03-5428-5451)を開業した。

[広告]

 2002年のゼロゲート開業以来1階で営業を続けてきたカフェ「B.O.A.C」を業態転換した。「ノス」は、青山、恵比寿にも出店する自社のバー業態。渋谷では、既存店に比べカジュアルな客層を想定し、20代~の若年層をメーンターゲットに据える。店舗は業態転換に伴い、内装も木目調に一新。入り口にはコラボレートショップとして、別会社が運営するパリのジェラート専門店「デリッツエフォリエ」が出店する。

 店舗面積は約47坪。テーブル、カウンターを含む47席を設け、店内には待ち時間にも対応できるバーカウンターや、たる型テーブルも備えた。ランチタイムは、自家製チリソースなどを使用したホットドックを提供。パンはバジル風味のソフトパンとカンパーニュの2種類を用意し、「プレーンDOG」(480円)、「チーズDOG」(580円)、ソーセージ2本入りの「NOS DOG」(900円、以上すべて単品価格)など常時5種類を提供する。

 ディナータイムは、野菜スティックやフライドポテト、ガーリックトーストなど10種類の1コインフード(500円)をはじめ、「マンゴーとアボカドのタルタル」(850円)や「自家製ビーフコロッケ」(700円)、「メキシカンタコライス」(1,000円)などのフードも提供する。デザートは「ホットガトーショコラ」(680円)など3種類。アルコール類は、ビール(550円~)やウイスキー(500円~)、カクテル各種(600円~)など80種類以上を取りそろえた。

 想定客単価は、ランチ=800円、ディナー=2,500円。店舗では今後、企業プロモーションや各種イベントなどにも積極的に対応していくという。営業時間は11時~23時(金曜・土曜は翌2時まで)。

関連記事(シブヤ経済新聞)-パリ人気ジェラート店が日本1号店ミュープランニングアンドオペレーターズ

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース