新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は135人

恵比寿に「ディッパースタイル」のスタンディングバー

店内の様子。「おしゃれな大人のコミュニケーション・ハブを目指す」(同社)という

店内の様子。「おしゃれな大人のコミュニケーション・ハブを目指す」(同社)という

  • 0

  •  

 店舗企画・プロデュースなどを手がけるトリプロデュース(渋谷区神南1)は5月、恵比寿に「ディッパースタイル」のスタンディングバー「Dipper」(恵比寿西1、TEL 03-5913-8827)をオープンした。

[広告]

 同社は六本木ヒルズ展望台の期間限定ラウンジ「マドラウンジ」のプロデュースを手がける。新店舗ではクラッカーやチップスなどにクリーム状のディップソースを付けて食べる「ディッパースタイル」を提案、独自のディップソースはサルサやデザート対応のものなど最大15種類を用意する。

 バーを開いたのは、カフェなどの飲食店も多い「恵比寿西1」交差点近くの路面。店舗面積は約15坪で、店内は白とシルバーを基調に紫色のライトで演出している。店舗プロデューサーには、ヒップホップアーティストのプロデュースやパーティー主催などの活動を行ってきた高橋ひろこさんを起用した。

 主力のディップソースは自然素材を使ったボリューム感のあるクリーム状のソースで、常時8種類から提供を始めた。豆と香辛料で作る「チリコンカン」、かぼちゃとみそベースにカレー味を効かせた「かぼちゃのカレー風味」、こしょう4種類入りの「クリームチーズとクォーターペッパー」、定番「アボカド」などで、価格は一律400円。

 デザートメニューでは、マスカルポーネとあずき、いちご入りの「小豆といちごのデザートディップ」を提供するほか、今後は季節ごとに新メニューを加えていくという。デップを付ける主食は、チップス、バゲット、ベーグルなど。アルコールは、ビール(600円~)、グラスワイン(500円)、カクテル(500円~600円)ほか。客単価=1,800円を見込む。

営業時間は18時~翌5時。不定休。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース