新型コロナ関連12~64歳も6月中に接種券発送

表参道のアート書店「ナディッフ」が閉店-年内に新店出店へ

店内の様子。美術書や写真集などの物販スペースのほか、カフェやギャラリー空間も。店は5月で閉店する

店内の様子。美術書や写真集などの物販スペースのほか、カフェやギャラリー空間も。店は5月で閉店する

  • 1

  •  

 美術書、写真集などの書籍販売で、その独特の選書が長年親しまれてきた表参道のアートショップ「NADiff(ナディッフ)」(渋谷区神宮前4、TEL 03-3403-8814)が今年5月いっぱいで閉店する。入居するビル「カソレール原宿」の解体に伴うもので、年内にも都内に新店をオープンする予定。

[広告]

 1997年3月にオープンした同店は、表参道の裏通りに面したビルの地下に店を構えながらも、独自の視点で仕入れる書籍や併設するギャラリー空間で行う前衛的な展示などが業界関係者や学生らの間で親しまれてきた。店内にはカフェもあり、ゆっくりと買い物できる空間も人気を集めた。

 店の前身は、西武百貨店・池袋店の中にあった芸術書を中心に扱う書店「アール・ヴィヴァン」。当時池袋店のスタッフだった現ナディッフ代表の芦野公昭さんらが新拠点として新たに立ち上げたのが「ニューアートディフュージョン」の略称であるナディッフだった。

 渋谷・Bunkamura地下1階の「ナディッフ・モダン」をはじめ都内4店舗、地方3店舗の系列店は営業を続け、年内にも表参道店に代わる「中核店舗」を都内に出店する。現在公式ホームページに公開中の文書によると「(新店は)それほどの時間をかけずに、新たな地、新たな容れ物、新たな名前でお会いできる」という。

NADiff

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース