ヘルムート・ラング、骨董通りにブランド再生後初の路面店

「ヘルムート・ラング」青山・骨董通りの路面店(写真=内装)。店内には2007年春夏の新作が並ぶ

「ヘルムート・ラング」青山・骨董通りの路面店(写真=内装)。店内には2007年春夏の新作が並ぶ

  • 0

  •  

 リンク・セオリー・ホールディングス(港区南青山7)は3月17日、青山・骨董通り沿いに新生「HELMUT LANG(ヘルムート・ラング)」1号店となる路面店をオープンした。同社はニューヨークに本社を置く100%孫会社を通じ、昨年同ブランドの全商標権を取得、中核ブランド「セオリー」に続くメーンブランドとしてヘルムート・ラングのブランド再生に着手してきた。

[広告]

 新店舗は「Helmut Lang Aoyama(ヘルムート・ラング青山)」(南青山5、TEL 03-6419-8144)。店舗面積は18.47坪で、床材にはコンクリートを使用、店内はカーブのウインドーに沿ったベンチや什器など白のインテリアで統一した。店舗ではレディスウエア・メンズウエアをそれぞれ取り扱う。

 2007年春夏シーズンからデザイナーに就任したのは、デニムなどを得意とする米ロサンゼルス拠点のブランド「ハビチュアル」のデザイナーを昨年まで務めたマイケル&ニコル・コロボス夫妻。マイケルさんはフリーランスデザイナーとして活躍、ニコルさんは米ハーパース・バザー誌ファッションエディターの経歴を持つ。

 新生ヘルムート・ラングのファーストコレクションとなった今シーズンは、パンツやジャケット、定番のシャツドレスなどブランドのキーアイテムとなる商品を軸に展開。パンツは、スキニーやストレートなど4つのカテゴリーで展開、アウターやドレスではアシンメトリーなシルエットや独特の生地使いで「革新的」なデザインを打ち出した。

 同店ではこれらのアイテムに加え、ナチュラルなインディゴカラーの後染めデニム、サイドジップ付きのスキニーデニム、膝丈のショートデニムなどバリエーション豊富なデニム商品も取り扱う。営業時間は11時~20時。不定休。

 ヘルムート・ラングは1986年パリコレクションでデビューし、その後NYへと拠点を移転、1999年伊プラダ・グループ傘下に。ヘルムート・ラングさんは2005年、同ブランドのチーフデザイナーを退いている。

HELMUT LANGHELMUT LANG(リンク・セオリー・ホールディングス公式サイト内)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース