デザイン見本市「デザインタイド」、メーン会場明らかに

原宿・青山で大型デザインイベント開催へ(写真=メーン会場のビル正面)

原宿・青山で大型デザインイベント開催へ(写真=メーン会場のビル正面)

  • 0

  •  

 デザインタイド実行委員会は10月10日、来月1日より開催されるデザイン見本市「DesignTide in Tokyo 2006」のメーン会場を明らかにした。同委員会は8月下旬に見本市の概要を発表、当初メーン会場を青山「国連大学ビル」としていたが、9月に入り会場の変更をアナウンスしていた。

[広告]

 「原宿にある古い空きビル」と予告されたメーン会場の正体は、明治通り沿い、「神宮前」交差点から渋谷方面に約200メートル直進した左手にある「東洋ビル」(渋谷区神宮前6)。委員会では正式発表前の9月22日より、会場となる同ビル正面に「ほんとに必要なものだけを。」と書かれた巨大ボードを掲出、通行人に向けて情報を一部解禁していた。(写真)情報開示がこの時期になった理由については「ビル関係者らとの契約上の問題」(同委員会)としている。ビルは同イベント開催後、「再生」されるという。

 ビルでは、3階と1階の一部で国内外約60組の参加デザイナーが「Design&Peace」をテーマにオリジナル作品を披露するほか、1階では約25組のデザイナーが出品する物販コーナー「Tide Market(タイドマーケット)」を開設する。また会期中は、外苑前、表参道や原宿、渋谷エリアの約30のショップ、ギャラリーなどで関連エキシビション「Tide Extension」を開催。主な開催場所は、表参道ヒルズ=ヨーロッパ発のデザイン見本市「ブリックファング」、シボネ青山・モントーク=「シボネ・コレクション、渋谷センター街・渋谷ビルヂング=デザインチーム「ma ka ta」展など。

 11月3日には、デザインユニット「クライン・ダイサム・アーキテクツ」がホストを務めるトークイベント「ぺちゃくちゃないと」(会場=原宿・東洋ビル)、11月4日には、「PEACE NEEDS A NEW LOGO -PACIFIC GARDEN-」(会場=国連大学ビル中庭)などの関連イベントが開催される。

 メーン会場の入場料は500円。来場者には先着限定でレジャーシートを再利用したオリジナルピクニックバッグを進呈する。11月5日まで。

DesignTide in Tokyo 2006

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース