渋谷パルコ、秋の大型改変で全55区画をリニューアル

  •  
  •  

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町、TEL 03-3464-5111)は9月より、新規30区画を含む全55区画の大型リニューアルに着手している。

 リニューアル規模は、前回(今春)の改変時に比べ約1.4倍となる15店舗増で、全区画の改装面積は計約2,975平方メートル。今回のリニューアルでは、東京コレクションで活躍する国内ブランドの導入やメンズショップ拡充、リビングギフトフロア新設など、パート1、パート3の2館でリニューアルを行った。各館の改装内容は以下の通り。

[広告]

○ パート1=「リブロ」「洋書ロゴス」などが出店するアート・カルチャー中心の地下1階には、シマムラトーキョーコーポレーションのアパレル「ナンバー11」が新規出店するほか、米ビンテージ雑貨の「キープレフト」がパート2から移転オープン。1階には、宇津木えりさんがデザインする「メルシーボークー、」、サマンサタバサのメンズライン「サマンサキングズ」(10月オープン予定)など国内ブランド3店舗がオープンする。2階は、米人気歌手ジェニファー・ロペスさんのブランド「スウィートフェイス」(期間限定)、東コレブランド「イランイラン」など新規4店舗を開設し、30代女性客の取り込みを図る。3階は「リミフゥ」「アゴストショップ」の各リニューアルと、青山のセレクトショップ「オプティチュード」の新規出店、4階は「RNAメディア」のアッパーブランド「RNA-N」の新店舗や、「ネ・ネット」「ヤブ・ヤム」などのリニューアル店舗で構成。5階・6階メンズフロアは、アイウェア「サカナプロジェクト? プロデュースドバイエロチカ」、国内ブランド「スパイナルコード」(ともに6階)など4店舗が新規オープン、「フレッドペリー」(5階)など3店舗がリニューアルオープンした。

○ パート3=今年5月、「トミー」「ステューシー」など計6店舗を同時オープンした地下1階は、カップル需要を見込み引き続きメンズを強化、アシックスのスポーツカジュアル「オニツカタイガー」、和柄メンズウェア「流儀圧搾」など新規3店舗を導入した。1階には、モード・エ・ジャコモのキャリア向けライン「ビバ・ブリジャンテ」がオープン、2階は、ストロベリーフィールズの新業態「ユニバーバルミューズ」、神戸ブランド「シシ」など5区画の新規オープンを含む全10区画がリニューアルした。4階・5階は計7区画を改装。5階にはカフェレストラン「ラ・メゾン アンンソレイユターブル」が新規オープン、ロハスショップ「マクロビオス」、インテリア雑貨「ミルキーコークルボ」などの生活雑貨を拡充し、リビングギフトフロアとしてフロア全体をリニューアルした。

渋谷パルコは今春の大型改変効果で、2006年3月~2006年8月の売り上げを、前年比110%の12,631百万円まで伸ばした。2004年10月~今年8月の売り上げは、23カ月連続で前年比を上回っている。

渋谷パルコ

  • はてなブックマークに追加