代官山にサーフカジュアル「ジャンセン」の旗艦店

サーファーの隠れ家をイメージした代官山「ジャンセン」旗艦店

サーファーの隠れ家をイメージした代官山「ジャンセン」旗艦店

  • 0

  •  

 小杉産業(中央区)は9月9日、代官山にレディスブランド「ジャンセン」の旗艦店(渋谷区恵比寿西1、TEL 03-5728-5631)をオープンした。場所は、代官山駅前の路面。

 同社は1962年より、米スイムウエアブランド「ジャンセン」のライセンスブランドを独自生産。今季、新ラインとしてレディスメーンのカジュアルウェア・ラインをデビューさせた。新ラインでは、「古き良きアメリカのサーファー」をイメージモチーフにしたカジュアルアイテムを展開。立ち上げとなる今シーズンは、赤やオレンジ、白など日焼けした肌に合う色使いにトラッドテイストを取り入れた60年代~70代のヒッピー風スタイルを提案している。今年8月には、ラフォーレ原宿にオープンした自社セレクトショップ「ヘイトアシュベリー」で商品を先行展開している。

[広告]

 旗艦店の店舗面積は59.4平方メートル。明るい白を基調とした店内には木目のインテリアを配し、「サーファーの隠れ家」をイメージしたという。店では一部メンズ商品を含む「ジャンセン」の商品に加え、雑貨やインポート古着も展開する。営業時間は11時~20時。

小杉産業

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞