恵比寿にオーガニックワイン専門店、バーカウンターも

恵比寿公園近くにオープンしたオーガニックワイン専門店

恵比寿公園近くにオープンしたオーガニックワイン専門店

  •  
  •  

 8月1日、恵比寿にオーガニックワインを扱うショップ&テイスティングバー「3amours(トロワザムール)」(渋谷区恵比寿西1、TEL 03-5459-4333)がオープンした。場所は、恵比寿駅西口、恵比寿公園近く。

 同店を運営するのは、ワイン販売をはじめ小売店やレストランなどのコンサルティングを手掛けるBMO。これまでベストマーケティングオフィス(旧社名)として新宿に本社を構えていた同社は、同店の出店を機に同店舗地階にオフィスを移転した。同社代表取締役で、約15年前からワインスクールの講師も務めている山田恭路さんは、「アンテナショップを開くのが長年の夢だった」と話す。店名はワインなどに対する「愛情」(フランス語でamour)などが由来だという。

[広告]

 ショップは、ワインの物販スペースと、ワインを入れる木箱を利用して作られたオリジナルのバーカウンターで構成され、店舗面積は約20坪。店内にはフランスの蔵元と共同制作した什器(店頭に並ぶのは8月下旬~)やワイン農家の風景を転写したランプシェードなど一品一品こだわって作ったオリジナルのインテリアが並ぶ。

 約10年間、年4回のペースでワインの買い付けに出向いているという山田さんが、フランスの奥地にある農家から独自のルートで仕入れるワインは、「ナチュラル」をコンセプトに同店のためにセレクトした約150種類。オーガニックワインについて山田さんは「今の時代、機械ではなく畑を馬で耕す農家がある。いい土やいい太陽があって、ぶどうを丁寧に手入れしているワインほどストーリーがあり、おいしさにつながる」と、魅力の背景を説明する。

 ワインの価格帯は1,000円台から高いものでも1万円以内。「ワインの値段は必ずしも手入れと比例するわけではない。土地の値段が左右する場合が多い」(山田さん)。店舗には専門スタッフが常駐し相談も受け付ける。

 山田さんは「周辺の感度の高い飲食店の人たちにも来てもらいたい思い、恵比寿に店を開いた。パートナーとの機会を作る場所にもなれば」と話している。店舗のグランドオープンは同25日を予定しており、プレオープン期間中は物販スペースのみの展開。正式オープン後はバーカウンターで紅茶なども提供する予定だという。営業時間は正午~20時。土曜・日曜・祝日は定休。

  • はてなブックマークに追加