サマンサタバサが新ECサイト開設へ-ネット上に3D都市

トップ画面イメージ=サンプル

トップ画面イメージ=サンプル

  •  
  •  

 WW by Samantha Thavasa(港区北青山1)は7月13日、ネット上に3D仮想都市を出現させるオンラインショッピングサイト「WWCITY&Communications」の構想を明らかにした。

 3Dビジネス大手のヤッパ(千代区)と提携し、ネット上にファッションビルや、美容院、レストラン、映画館といった実在の店舗を誘致、3D機能を駆使した独自のインターフェイスでコミュニティー機能も備えた新型のECサイトを構築するという。

[広告]

 ユーザーはまず、サイトマップで行きたい街を選択しネット上に浮かび上がった3Dの街中を回遊、気に入った店を見つけ中に入ると「Web3D」を使いショップ内の商品を動かしたり並び替えたりしながら、実際のショッピングと同様の感覚で買い物ができるもの。販売側は、クロス検索機能「3D検索ビューアー」の採用により従来の平面情報に比べて大量の商品を表示することができるという。また、ユーザー間のメッセージ交換(チャット)やブログ、コミュニティーなどのネットワーク機能も特徴のひとつ。

 サイトは8月20日にテストオペレーションをスタートし、12月にグランドオープン予定。オペレーション期間中は、伊勢丹、パルコ、ルミネ、ビームス、バルス、日本航空インターナショナル、日興コーディアル証券などの企業が参加し30以上の店舗が開業する見通し。同サイトの顧問にはおちまさとさん(プロデューサー)や森田恭通さん(インテリアデザイナー)、藤田志穂さん(シホ有限会社G-Revo代表)らが名を連ねている。

 WW by Samantha Thavasaはサマンサタバサジャパンリミテッドの新子会社として今年3月に設立。サイトには「サマンサタバサ」ブランドも出店する予定。(写真=トップ画面イメージ/サンプル)

WW by Samantha Thavasa

  • はてなブックマークに追加