新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は262人

買う

原宿に「サステナブル」テーマの「アディダス ブランドセンター」 スニーカー洗浄も

明治通りに面した区画に位置する「アディダス ブランドセンター原宿」外観

明治通りに面した区画に位置する「アディダス ブランドセンター原宿」外観

  • 13

  •  

 「アディダス ブランドセンター原宿」(渋谷区神宮前4、TEL 03-5414-1040)が1月22日、「東急プラザ 表参道原宿」にオープンする。経営はアディダス ジャパン(港区)。

店舗イメージ

[広告]

 店舗面積は地下1階~地上2階の3フロアで214坪。アディダスの「サステナビリティーを体感」できる店舗となる同店。全ての照明設備にLED照明を採用し、シミュレーションによるエネルギー最適化検証を行うなどエネルギー効率を上げることを図っているいるほか、ごみの分別管理、店舗開発工事時に発生する建設廃棄物のリサイクル推進など環境にも配慮する。

 店内では、アーティストとコラボレーションしたアートを展示。地上2階の「TOKYO SHOP」には、廃棄になった靴ひもでアディダス商品をモチーフに作った、アーティストhi-dutch(Takahiro Hida)さんの作品を展示。地下1階「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」のエリアでは、フラワーアートユニット「plantica」の大栗忠久さんが、「アディダス オリジナルス」の「アイコン」であるスニーカー「SUPERSTAR」「STANSMITH」「FORUM」を陶器で表現し、植物と合わせたアート作品を展示する。

 店内には、国内で初めてとなるスニーカークリーニングサービス「SNEAKER SERVICE」、給水スポットやオリジナルボトルの販売サービス「ウォーターファウンテン&ウォーターボトル」も展開する。「SNEAKERS SERVICE」は、表面のみの「簡単な」手入れ(無料)から、ベーシッククリーン(2,200円)、プレミアムクリーン(3,300円)までのメニューを用意する。「ウォーターファウンテン&ウォーターボトル」は無料で利用できる給水スポットを設け、オリジナルウオーターボトルも販売する。

 アウトドアエリアは、国内のアディダス店舗では最大となる43平方メートルで展開。メンズ・ウィメンズのフットウエアやアパレルを中心に、オープン時は50種類以上をラインアップする。

 主な取扱商品カテゴリーは、ランニング、トレーニング、スポーツウエア、バスケットボール・フットウエア、アウトドア、アディダスバイステラマッカートニー、アディダス オリジナルス、アディダス スケートボーディング。オープン時の商品展示数は、パフォーマンスがフットウエア=126アイテム、アパレル=277アイテム、アクセサリー=58アイテム。オリジナルスが同73アイテム、同108アイテム、同31アイテム。

 店内で希望の商品を撮影すると在庫状況を確認できる同ブランド公式アプリの「インストアモード機能」にも対応する。

 営業時間は11時~21時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース