見る・遊ぶ

表参道のイルミネーション点灯へ 今年はケヤキも点灯

2019年点灯時の様子

2019年点灯時の様子

  • 155

  •  

 冬の風物詩となっている表参道のイルミネーションが12月1日に点灯する。主催は商店街振興組合原宿表参道欅会。

[広告]

 1991(平成3)年に約300メートルの規模で試験的に始まり、翌1992(平成4)年から本格的に行われている同所のイルミネーション。見物客に対する周辺住民の不満などから1998(平成10)年に中止したが、2009(平成21)年に復活。2012(平成24)年には協賛が付かず低木のみの装飾となったが、2014(平成26)年以降は協賛が集まり再びケヤキも点灯していた。

コロナ禍となった昨年はケヤキには点灯せず、植栽帯にLEDを装飾し点灯したほか、神宮前交番横の「まちかど庭園」に、竹に穴を開けて明かり(ろうそくやLED)をともす「竹あかり」の装飾をしていた。

警備運営面含めコロナ対策を「しっかり」行い実施するという今年は、2年ぶりにケヤキを含め点灯する。展開エリアは、原宿駅前の神宮橋交差点から青山通りとぶつかる表参道交差点までの1.1キロ。期間中は通り内に2カ所ある歩道橋は利用禁止となる。

 点灯時間は日没~22時(予定)。12月26日まで(植栽は2022年1月5日まで)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース