新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

見る・遊ぶ

バーチャル「渋谷区立宮下公園」オープン 昼夜演出、バーチャルショップも

バーチャル「宮下公園」

バーチャル「宮下公園」

  • 25

  •  

 渋谷区立宮下公園のバーチャル空間が7月7日、誕生した。

夜間の演出も行う

[広告]

 大日本印刷(DNP、新宿区)がコロナ禍を背景に始めた、XR(AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の総称)コミュニケーション事業の一環で、XRロケーションシステム「PARALLEL SITE(パラレルサイト)」を活用し開発したもの。実証実験として、一般社団法人渋谷未来デザインと連携しリアルとバーチャルの公共空間を連動させた取り組みを行っていく。

 バーチャル空間は、パソコンやスマートフォンなどの端末からアクセスできるブラウザ版と、ヘッドマウントディスプレイなど着けて体験するソーシャル VR アプリ「VRChat」版を用意。それぞれ日本時間の19時までは朝、以降は夜の演出を行う。

 実際の宮下公園を再現した空間内には12種類から選べるアバターで入ることができる。バーチャル空間内を歩き回ったり写真を撮ったり、空間内にいる他の利用者とは音声による会話、感情を表現する3Dスタンプ「エモート」機能でコミュニケーションを取れる。エモートは空間内に一定期間残るようになっており、他の利用者と感情を共有できるようにした。

 誰もがアクセスできるパブリックルームと、一人や、URLを共有することで友人同士などと利用できるプライベートルームを用意。ルームには最大10人が同時アクセスできる。

 シリーズ企画「YOU’RE THE WORD」を展開するルームも展開。オープニングには、SNSで絵画解説をしているモデルの山本奈衣瑠(ないる)さんをキュレーターに招き、山本さんがセレクトした絵画を展示。山本さんが音声解説を務める。10月31日まで。

 空間内にはショップも設置。DNPと渋谷未来デザインが2019年から取り組んでいる「渋谷区公認スーベニア事業」のオリジナルバッグ「SHIBUKURO」から、山本さんとコラボレーションしたトートバッグやTシャツを販売する。

 「VRChat」では、実際の公園内にあるスケートボードパークやボルダリングウオール、サンドコートに加え、スクリーンも用意。スケートボードのバーチャル体験やボルダリングウオールに登る体験もできる。アプリでは、桜が咲いた夜間の空間も用意。羽ばたくチョウへ変わる桜吹雪や、打ち上げ花火の演出も行う。

 リアルとの連動として、実際の宮下公園内に掲出するQRコードを読み込むと、バーチャル空間にアクセスできるようにしている。

 今後は、企業と連携した取り組み、渋谷区内の学校と連携したバーチャル空間体験プログラム、渋谷区主催のイベントと連動した企画なども展開していく計画。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース