新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は33人

食べる

笹塚にうなぎ料理店「名代 宇奈とと」、初の立ち食い業態

「一番人気」という「うな丼ダブル」(1,000円)

「一番人気」という「うな丼ダブル」(1,000円)

  • 89

  •  

 立ち食いのうなぎ料理店「名代 宇奈とと 笹塚店」(渋谷区笹塚1)が6月22日、笹塚駅近くにオープンする。

[広告]

 「名代 宇奈とと」は、G-FACTORY(新宿区)が展開するブランド。これまで座席を設けた店舗を展開してきたが、笹塚店は初の立ち食い業態となる。同店は、コロナ収束後を見据え、「注目を集めつつある」立ち食い業態の出店を検討していた新城(同)がG-FACTORYとライセンス契約を締結し出店する。「スタンディングスペースは1階6席、2階8席。

 同ブランドでは、うなぎは備長炭で焼き上げ、うなぎに合わせ選んだ本醸造じょうゆに砂糖や米酢を加えたたれで味付ける。メニューは他店同様、「うな丼」(550円)をはじめ、うなぎを2枚のせる「一番人気」という「うな丼ダブル」(1,000円)、「うな重」(880円)、うなぎのかば焼を細かく刻んでご飯にまぶす「うな重上」(1,430円)、うなぎの身を細かく切り串に巻く「くりから」(270円)、うなぎの肝を入れるだしの吸い物「肝吸い」(160円)などをラインアップする。

 営業時間は11時~23時(政府や自治体の要請により営業時間が変更になる可能性有り)。

超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース