食べる

渋谷発「冷やしかつ丼」20周年 とんかつ店「かつ吉」で夏季限定メニュー今年も

発売20周年を迎えた「冷やしかつ丼」

発売20周年を迎えた「冷やしかつ丼」

  • 73

  •  

 「冷やしかつ丼」が現在、とんかつ専門店「かつ吉渋谷店」(渋谷区渋谷3)などで提供されている。

[広告]

 「かつ吉」を運営する菩提樹(世田谷区)が夏季限定商品として販売している「冷やしかつ丼」は、2002(平成14)年に誕生したメニュー。夏季に売り上げが伸び悩む揚げ物店の「定説」に悩まれていたなか、「夏だけの商品を開発できないか」という現会長からの提案を受け、現社長と当時の渋谷店店長が開発に着手。

 当時の「裏メニュー」であった「冷やしとろろ汁」と宮崎の郷土料理「冷や汁」をベースに試作し同年6月に完成。当初、開発者以外のスタッフは「売れないだろうと思っていた」というが、口にした来店客の口コミで広がり、2005(平成17)年ごろからテレビなどメディアで取り上げられるようになったほか、2011(平成23)年の東日本大震災後には「猛暑を乗り切る節電メニュー」として多くの取材を受けたという。今では累計20万食以上を超える夏の「名物」となっている。

 「冷やしかつ丼」は、冷水で洗った白米の上に揚げたてのとんかつを盛り付け、ミョウガやキュウリ、オクラなどの夏野菜、梅肉、とろろを盛り付け砕いた氷を添え、鹿児島県枕崎産の「鰹節」、北海道産「真昆布」、千葉県九十九里産の「煮干し」でとるだしをベースに作る「特製しょうゆだし」を合わせて提供する。メニューは、ロース(120グラム2,000円、ランチは100グラム1,800円)、ひれ(同2,100円、同1,900円)などを用意する。

 今年は、コロナ禍でもあるなか「明るい話題を提供できれば」と5月1日から渋谷店で先行販売(現在は全店で提供中)し、渋谷店限定でデリバリーにも対応している。

 渋谷店の営業時間は、月曜~金曜=11時~16時、17時~22時、土曜=11時~22時、日曜・祝日=11時~21時30分(緊急事態宣言中は20時まで)。提供は9月末ごろまで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース