新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は6人

食べる

広尾にドッグカフェ「ポーレンタイム」 飼い主と犬が「一緒に楽しめる」カフェ

白を基調とした店舗

白を基調とした店舗

  • 7

  •  

 ドッグカフェ「Dog Cafe Pawrentime(ポーレンタイム)」(渋谷区広尾5、TEL 03-5860-2141)が4月、広尾にオープンした。経営はノエル(港区)、トランジットジェネラルオフィス(恵比寿4)が店舗デザインと運営サポートを担当する。

ポルペッティーニのスープやパンケーキなど犬用のメニュー

 店名は飼い主を意味する「Pawrent」と「(楽しい)時間」の意味を込めた「Time」を組み合わせた造語で、飼い主と犬が「一緒に過ごせる」カフェを目指す。店舗面積は99.69平方メートル。白を基調とした店内には席数は28席を展開するほか、テラスや6人までの個室も用意する。

[広告]

 犬用のメニューは、チキンやビーフ、サーモンなど選べるメインの具材と玄米やキャベツ、ニンジンなどの野菜、チアシードなどで作る「ポルペッティーニ(イタリア風肉団子)」のトマトスープ(Sサイズ=肉団子2個200円~)、バナナやブルーベリーなどを用意する米粉のパンケーキ(1枚200円~)などを用意。

 飼い主用には、動物性の食材を使わないビーガン対応のカレー(1,300円)、スクランブルエッグやサラダなどを添えるワッフルプレート(1,300円)などのプレートメニュー、ポルペッティーニのミネストローネ(800円)、パニーニ(980円)、ガトーショコラ(600円)などを用意。モーニング(11時まで)には、キャラメリゼするバナナやシロップ漬けのオレンジなどから選べるオープントースト(600円~)、牛乳または追加50円で豆乳・オーツミルクを選べるアーツグレイグラノーラ(700円)などを提供する。メニューはそれぞれ、アメリカ歴代3大統領の就任晩さん会の総料理長を歴任した経歴を持つ山本秀正さんが監修した。

 営業時間は9時~18時。火曜定休。店内ではリードの着用などを呼び掛けている。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース