新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は3人

食べる

渋谷・神南の北谷公園に「ブルーボトルコーヒー」 公園への出店は世界初

公園内に出店する「ブルーボトルコーヒー」の外観イメージ

公園内に出店する「ブルーボトルコーヒー」の外観イメージ

  • 172

  •  

 米カリフォルニア発コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」(渋谷区神南1)が4月28日、渋谷区立北谷公園内にオープンする。経営はブルーボトルコーヒージャパン(江東区)。

ワッフルやサラダなどのブランチプレート

 広場(249平方メートル)や、カフェと隣接した半屋外のイベントエリア(67平方メートル)などを併設する公園に向けての整備が進む同園。カフェが出店するのは新たに建設される地上2階建ての構造物内。「ブルーボトルコーヒー」として公園内に出店するのは世界初となる。

[広告]

 店舗面積は1階・2階合わせて216平方メートル。席数は、1階=10席、2階=33席、1~2人掛けの屋外ベンチ12脚を予定。空間デザインは「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」をデザインした芦沢啓治建築設計事務所が担当。エトナ山の火山灰から作るタイルコレクション「ExCinere」の赤茶色のタイルを1階のカウンターと2階の壁に使うほか、同店のためにデザインしたチェア(カリモク家具製)を配置する。

 メニューは、スペルト小麦を使うワッフルやプロシュートをのせるサラダ、平飼い卵の半熟卵などから成るブランチプレート(850円、提供時間=10時~22時)、店装に使うタイルをイメージした色合いとサイズで、注文後に表面をブリュレして提供するチーズケーキ(550円、同=13時~22時)、アペタイザー(同=17時~22時)、ナチュラルワインやコーヒーを使うペールエールなどを予定。ブランチプレートは料理家・副島モウさん、チーズケーキはパティシエユニットTangentesが、それぞれ監修。食器は、鹿児島の磁器ブランド「ONE KILN CERAMICS」のプレートやボウルを使う。

 4月1日の公園開園時には園内に国内初の「ブルーボトルコーヒートラック」を出店し、ラテアートを施すエスプレッソドリンクを中心としたドリンクとフードを提供する。4月20日まで。

 営業時間は8時~22時(コーヒートラックは11時~18時、初日は15時~)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース