見る・遊ぶ

西武渋谷店で美術作家・深堀隆介さん「金魚愛四季(いとしき)」展

夏を表現したインスタレーション

夏を表現したインスタレーション

  • 26

  •  

 透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を描く作品で知られる美術作家・深堀隆介さんの展覧会「深堀隆介 金魚愛四季(いとしき)」が現在、西武渋谷店(渋谷区宇田川町)A館7階特設会場で開催されている。

 「金魚絵師」とも称される深堀さんは1973(昭和48)年愛知県出身、現在神奈川県在住。愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻学科卒業。2000(平成12)年のスランプ時、「粗末に」飼っていた金魚に「初めて魅了された」ことをきっかけに、金魚をテーマにした作品の制作を始める。2002(平成14)年から手掛けている器などに透明樹脂を流し込み、その上にアクリル絵の具で直接金魚を描くことを繰り返し立体的な金魚絵を作り上げる作品で知られる。

[広告]

 同店での個展は4回目。今回は、紅葉の中を泳ぐ黒いデメキンなど四季をテーマに春夏秋冬を表現した作品をはじめ、升に樹脂を流し金魚を描く「金魚升」など初期の作品、平面作品、さまざまな素材を組み合わせた作品など約100点を展示する。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。入場料は800円(高校生以下無料)ほか。11月1日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞