食べる

フィンランド発フードデリバリーサービス「ウォルト」、渋谷区など都内でサービス開始

Wolt配達員のイメージ

Wolt配達員のイメージ

  • 95

  •  

 フィンランド発フードデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」が10月22日、渋谷区など東京エリアでサービスを開始した。

 2014年、フィンランド・ヘルシンキでサービスを開始したウォルトは、2020年10月現在23カ国100都市以上で展開。日本国内では今年3月に広島で提供をはじめ、札幌や仙台にエリアを拡大し、今回東京でのサービスが始まった。

[広告]

 創業の地ヘルシンキは「低い人口密度や悪天候」などからフードデリバリーサービスにとって「厳しい環境」という。そのため、「効率的に配達を行う」ため独自システムを採用しつつ、平均30分程度で配達を行っているという。配達員は交通安全ルールの遵守などを含む適性テストに合格した人のみで構成するほか、レストランには北欧デザインのオリジナル紙袋や、購入客へのメッセージをつづることができるカードも提供する。

 広域渋谷圏の加盟店舗例は、ブーランジェリーBOUL'ANGE(ブールアンジュ)、LA SAISON(ラ・セゾン)、カレー店「北海道スープカレーSuage」、インド料理ナタラジ、ハンバーガーショップGolden Brown、フレンチフライ専門店「And The Friet、すし「松栄」、韓国料理ソナム、ビーガン料理専門店Falafel Brothers(ファラフェル ブラザーズ)、イスラエル料理TA-IM(タイーム)、マクドナルド、スープストックトーキョーなど。

 開始時の店舗数は150店以上で、配達エリアは渋谷区や港区、新宿区、目黒区などの一部。店舗数・配達エリアともに順次拡大予定。配達料は店から1.5キロ以内は99円、同2.5キロ以内199円、同4キロ以内299円。

 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は24時まで)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞