食べる

東急プラザ渋谷で山梨県産ワインフェス 1時間試飲し放題も

ラインアップするワインの一部

ラインアップするワインの一部

  • 98

  •  

 東急プラザ渋谷(渋谷区道玄坂2)で10月9日、100種類以上の山梨産ワインを紹介するワインフェス「ニッポンのいいお酒。第2回山梨ワイン」が始まった。

 日本の「ワイン醸造の発祥の地」といわれ、2013(平成25)年に日本で初めてワインの地理的表示(産品の名称から原産地を特定できる表示、「ボルドー」「ブルゴーニュ」などが有名)となった山梨。今年は、2008(平成20)年から開催されているイベント「ワインツーリズムやまなし」が新型コロナウイルス感染拡大の影響で初めて中止となった。東京にいながら山梨県産ワインを楽しめるイベントとして、例年「ワイナリーのツアーが盛り上がる」この時期に同イベントを企画した。

[広告]

 6階のパブリックスペース「GRAND SESSION」ではワインの試飲を提供。ワインは、国際ワインコンクールで、日本で初めて金賞を受賞するなどした「グレイス甲州」、シャインマスカット種を100%使う「シャンマスカッット」、山梨・勝沼の鳥居平地域で栽培されたブドウを使う「鳥居平100% 2018」などをラインアップ。試飲メニューは、30種類以上のワインの1時間試飲し放題(2,000円)、70種類以上のワインから3種類を選べる飲み比べ(1,500円~)を用意する。

 6階・7階のレストランフロアでは、「巨峰とブッラータの生ハム手まり」(880円、ピッツェリア&肉イタリアン OTTIMO VITA)、「メカジキのバジルソース添え」(1,300円、OSAKAきっちん。)、「海鮮カルパッチョ」(1,296円、ささしぐれ築地玉寿司(ずし))、「コロッケとメンチカツのセット」(500円、黒毛和牛バル腰塚)」など、一部店舗がワインに合わせたテークアウトメニューを販売している。「GRAND SESSION」でも食べられる。

 飲食店の営業時間は11時~23時。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞