3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

面白い間取り図紹介する「間取り図ナイト」、渋谷で特別開催へ 有料配信も

過去開催時の様子

過去開催時の様子

  • 66

  •  

 面白い間取り図を紹介するイベント「間取り図ナイト」が7月11日、渋谷のイベントスペース「東京カルチャーカルチャー」(以下カルカル、渋谷区渋谷1)で開催される。

 ミクシィのコミュニティー「間取り図大好き」を運営していた森岡友樹さんが2007(平成19)年に始めた同イベントは、森岡さんが10年以上かけて集めた間取り図をスライドで紹介し突っ込んだり笑ったりするもの。これまで国内各地50カ所、60回ほどを開催してきた。

[広告]

 森岡さんは「間取り図を楽しむという趣味もだいぶ市民権を得てきた」と同イベントの終了を決め、2015(平成27)年から47都道府県を回る「最終回ツアー」(残り12都道府県)を開催している。同ツアーでは、東京を最後に予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「少なからず不安やストレスを抱えているのでは」と考え、「少しでも笑顔になってもらえる時間を提供できれば」と、今回東京での「特別開催」を決めた。

 同イベントをカルカルで開催するのは4年ぶりという。トークライブをメインに行う同スペースを「ちょっとマニアックな存在」と表現する森岡さんは「社会に残していくためには、とにかく使っていくことと、その中で起こる最適化が重要。切り開いていくような仕事(役割り)は、恩返しの意味も含め『間取り図ナイトの出番』」と、同所で開催する。会場では椅子のみ、約70席に席数を減らすほか、イベント中を含め場内ではマスクの着用を呼び掛けるなど対策を講じる。

 「帰ってきた間取り図ナイト~渋谷で爆笑ヘンな間取り図祭り」と題する今回。具体的な内容は未定ながら、間取り図は600枚用意し、渋谷という立地に合わせたトークも織り交ぜたいと言う。今回は初の試みとして有料配信も予定しており、視聴者に「思い出の間取り図」を書いてもらいリモートでトークをする実験的な試みも考えている。

 前日の10日には、「最先端の」不動産ビジネスの紹介や不動産の今後、新しいサービスを「妄想」する「ニューニュー不動産ナイト」も開催する。

 間取り図について「『生活』や『仕事』、『人間の暮らし』そのものを想像させてくれるもの。ある程度の知識を持って見ることで、絵画と同じように読み込みと想像(妄想?)でその時代、その土地での人々の暮らしを思い浮かべることもできる」と話す森岡さん。「どうしてこうなった?という間取り図にも、ほとんどの場合にはいくつかの折り重なった理由があって、その理由を自分なりに読み解いていくのも楽しいし、そういう自分の理解、知識、想定を超える間取り図と出合って、新しい発想に行き着いたり、住宅や暮らしへの思考の自由度を上げたりしていくのもまた楽しい」とその魅力を語る。

 「面白いことに対してアンテナを張られている方々に喜んでもらえる内容だと思っている。ぜひ一度見てやってください。そしてこれきっかけでも、不動産を楽しんでもらえるとうれしい」と呼び掛ける。

 間取り図ナイトの開催時間は18時~21時。入場料は2,750円(1ドリンク付き)。有料視聴の詳細はメディアなど含め検討中。状況により内容を変更する可能性有り。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞