新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は154人

買う

SHIBUYA109にファッションマスク限定店 クリエーターがデザインした100種販売

クリエーターらがデザインしたマスクが並ぶ店頭

クリエーターらがデザインしたマスクが並ぶ店頭

  • 95

  •  

 ファッションマスク専門店「MASK WEAR TOKYO」が6月18日、SHIBUYA109(渋谷区道玄坂2)8階に期間限定でオープンした。

マスクをデザインした歌手で女優の穐田和恵さんら

[広告]

 SNSやインフルエンサーを活用したアパレルのD2Cブランドなどを展開するスタートアップのand marks(港区南青山3)が新たに立ち上げたファッションマスクに特化したECプラットホーム「MASK WEAR TOKYO」のオープンを記念した同店。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスク着用が日常化する中、「マスクの多くが無機質で画一的なことに違和感を覚えていた。ファッション化してもいいのでは」(三輪武寛社長)と5月中旬、商品化に向け動き出したという。同日、EC販売を始るとともに、コアターゲットとなる「拡散力のある」10~20代へのアプローチを図るためポップアップストアを出店した。

 マスクの製造は浴衣帯などを手掛ける小杉織物(福井県)に委託。口に触れる面はシルク100%で中間に不織布フィルターを挟み、表面は「洗っても落ちにくいよう」ポリエステルにし、ガーメントプリントで印刷する。洗濯は手洗いで、洗い方はECサイトに動画で紹介している。30~40回程度使える見込み(洗い方などで個人差あり)。

 「マスクに個性を」をコンセプトに、デザインはクリエーター100人とコラボレーション。画家やイラストレーター、ファッションデザイナー、写真家など幅広いジャンルのクリエーターの中から、インスタグラムなどSNSのフォロワーが多く「エンゲージメントの高い」クリエーターに依頼したという。

 参加するのは、アートディレクターの千原徹也さん(れもんらいふ)、アイドルグループ「Berryz工房」などを経て現在「PINK CRES.」のメンバーとして活動する夏焼雅さん、愛をテーマに絵と小説を書く平泉春菜さん、子育て4コマ漫画をSNSで公開しているモチコさん、デジタルアーティストwatabokuさん、夜の都市情景撮影をメインに撮影するフォトグラファーMOTOさんなど。

 元SDN48で歌手・女優として活動する穐田和恵さんは、ライトグレーの地に「今を大切に」と思いを込め「Make it count」の文字をプリント。「普段使いできるようにシンプルだけどおしゃれ、どんな洋服にも合わせられるように」することを意識したという。

 デザインはイラストや写真、文字、総柄などベースのカラーは白や黒、青、黄など、それぞれ幅広い。マスクの形状はプリーツ(3段、4段)、半立体、立体の4タイプで、デザインにより異なる。価格は3,000円~4,500円(税別)。

 今回、テーマなどを設けずクリエーターが自由にデザインしたことから「結構デザインがとがったので、アートを買うようなイメージになるのでは」と話す三輪社長。「おそらくこれから長期的にマスクを着けなくてはいけない。マスクはマイナスなイメージが強いかもしれないが、プラスのアイテムに変えられるようにいろいろなアイテムを出していきたいので、手に取っていただければ」と来店を呼び掛ける。穐田さんは「マスクを着けてテンションが上がるように、シンプルなものから柄物まで、日によって楽しんでもらえたら」とも。

 営業時間は10時~21時。今月26日まで。店頭には消毒液を置くほか、マスクはサンプル1枚ずつ置くなど感染選拡大防止対策をする。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース