新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は11人

見る・遊ぶ

山種美術館が「おうちで日本画」 所蔵作品の塗り絵やオンライン会議用背景提供

オンライン会議などの背景用に配布している速水御舟の「名樹散椿」(部分)

オンライン会議などの背景用に配布している速水御舟の「名樹散椿」(部分)

  • 252

  •  

 臨時休館中の日本画専門美術館・山種美術館(渋谷区広尾3)が5月12日、自宅で楽しめるコンテンツ「おうちで日本画」の提供を始めた。

金地に四季の草花を描いた鈴木其一の「四季花鳥図」

[広告]

 1966(昭和41)年、山種証券(現SMBC日興証券)の創業者・山崎種二が個人で集めたコレクションを元に日本橋兜町で開館し、2009(平成21)年10月に現在の場所に移転した同館。横山大観や奥村土牛、速水御舟などの作品約1800点を収蔵している。

 今回、オンライン会議の背景などに使える作品画像を公式ホームページで無料配布。作品は、重要文化財である速水の「名樹散椿」(部分)、金地にタンポポやヒマワリ、菊、水仙などなどの草花を描いた二曲一双の屏風(びょうぶ)「四季花鳥図」(鈴木其一)、神奈川県・江ノ浦の写生を元に鳴門をイメージし描いたという川端龍子の「鳴門」(部分)、風景画を多く描いた川合玉堂の「山雨一過」(部分)の4点。

 自宅でも作品を楽しめるようにと、図録の通信販売も始めた。取り扱うのは、例年春に企画展を開催している桜の作品を集めた画集(1,320円)や速水の作品集(1,430円)、奥村の作品集(2,200円)など15種類。2,000円以上購入の場合は、同館が送料を負担する。ミュージアムショップは休業中のため、図録以外のグッズは販売していない。

 今後、同館が所蔵する田能村直入の「百花」(部分)の塗り絵の配信を始めるほか、元お笑い芸人で、美術の世界を紹介する「アートテラー」と自称し活動する「とに~」さんが「特大サイズ」の「百花」(部分)塗り絵を行う過程を同館のインスタグラムで生配信する予定。

 このほか、同館のツイッターやフェイスブックなどでも1日2回(12時、17時)、所蔵作品などを紹介している。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース