3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

一時避難場所示す「矢印サイン」、宮下公園近くに しりあがり寿・河村康輔さんら参加

災害時に帰宅困難者を一時退避場所に誘導する「矢印サイン」。左壁面がしりあがり寿さんの作品、右手前の壁面は小町渉さんの作品

災害時に帰宅困難者を一時退避場所に誘導する「矢印サイン」。左壁面がしりあがり寿さんの作品、右手前の壁面は小町渉さんの作品

  • 238

  •  

 災害時に帰宅困難者を「一時退避場所」に誘導する「矢印サイン」が、渋谷・神南郵便局前交差点と宮下公園交差点をつなぐJR線線路の高架下に描かれた。

アーティストの植田工さんの作品

 区の商店会連合会や渋谷駅周辺帰宅困難者対策協議会、観光協会、商工会議所、ロータリークラブなどで構成する実行委員会が渋谷区と共催する、「シブヤ・アロー・プロジェクト」の一環。

[広告]

 2017(平成29)年に始まった同プロジェクトは、今夏控える東京オリンピック・パラリンピックを機に、さらに増えることが予想される外国人を含めた多くの来街者に、渋谷区の一時避難場所(青山学院大学、代々木公園)の位置を認知してもらうことが目的。発災時だけでなく日頃から人々の注目を集めるような「アート性あふれる」デザインの「矢印サイン」を設置することで、一時対比場所への誘導を支援する。

 今回参加したのは、ビジュアルアーティストでデザイナーのMic*Itaya(ミック・イタヤ)さん、漫画家のしりあがり寿さん、アートディレクターの伊藤桂司さん、コラージュアーティストの河村康輔さん、アーティストの植田工さん、小町渉(わたる)さんの6人。2017(平成29)年のプロジェクト発足時から壁面の落書き消しなどの作業が始まり、アーティストそれぞれが作品を描き、今年3月2日に作品がそろった。

 同所のほか、複合施設「渋谷キャスト」(渋谷区渋谷1)前の歩道、東急ハンズ渋谷店の近くで井の頭通りとオルガン坂がぶつかる丁字路の角にある渋谷区清掃事務所宇田川分室(宇田川町)外壁上部、神宮前6丁目丁字路近くで神宮通りのJR線線路高架下にも「矢印サイン」が設置されている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞