3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

新宮下公園、6月オープンへ 名称「MIYASHITA PARK」に、商業施設やホテルも

「MIYASHITA PARK」南北街区全体(イメージ)

「MIYASHITA PARK」南北街区全体(イメージ)

  •  
  •  

 「新宮下公園」として商業施設・ホテル新設などを伴う再整備工事が進む渋谷区立宮下公園(渋谷区神宮前6)の街区名が「MIYASHITA PARK」に決定し、4月に完成、6月にグランドオープンすることが明らかになった。渋谷区と三井不動産(中央区)が1月20日、発表した。

公園内に整備されるスケート場・ボルダリングウオール(イメージ)

 明治通りに沿い南北方向に伸びる全長約330メートル、3階建ての施設の屋上部分に公園を整備し、その下に商業施設・駐車場を一体的に整備する「立体都市公園」が誕生する。区は1966(昭和41)年に整備された公園の経年劣化・耐震性問題解消やバリアフリー動線の確保などを目的に、東京オリンピック・パラリンピック開催などを控えることから、民間ノウハウや資金を活用し、公募型プロポーザル(パブリックプライベートパートナーシップ、PPP)で三井不動産を事業者とし、再整備を進めてきた。

[広告]

 旧・宮下公園で親しまれた来たスケートパークやボルダリングウオールに加え、サンドコート仕様の多目的運動施設を新設。イベントも行える約1000平方メートルの芝生広場を整備し、フルフラットでバリアフリーな多機能空間を実現するほか、従来の公園・駐車場に加え、商業施設とホテルを融合させた「ミクストユース型プロジェクト」に位置付ける。公園前の神宮前6丁目交差点には横断歩道を新設し、渋谷・原宿間の回遊性向上や公園でのイベント開催などを通じたコミュニティーの促進など、新たな歩行者ネットワークと文化の情報発信拠点の形成を目指すという。

 敷地面積約は1万740平方メートル、延べ床面積約は4万6000平方メートル。公園・駐車場・商業施設・ホテルが一体となった低層複合施設で、災害発生時には周辺地域滞在者などの帰宅困難者の一時退避場所としても機能する。

 再整備前は南北2つの街区に分かれていた公園は、三竹通り頭上の連絡通路も含め一体化し、約1ヘクタールのフルフラット、バリアフリーな空間としてリニューアル。南街区には、スケート場やボルダリングウオールと、新設の多目的運動施設(サンドコート仕様)を整備。北街区には多様なイベントに対応する芝生広場がお目見えする。区は開園後の運営管理として、三井不動産と西武造園から成る指定管理者を昨年12月に選定している。

 商業棟は、南街区が1階~4階(1万5922平方メートル)で2階に駐輪場(1404平方メートル)を整備。北街区は1階~3階(1万649平方メートル、地下駐車場階を除く)。ホテル棟は4~18階に240室が入る予定。駐車台数は、南街区=97台、北街区=278台(うち243台が都市計画駐車場)の計375台を用意する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞