食べる

原宿にテーブル・プロジェクションマッピングカフェ 第1弾は「コリラックマ」

2人掛けのブースを11席用意する店内

2人掛けのブースを11席用意する店内

  •  
  •  

 テーブル・プロジェクションマッピングを導入したコラボレーションカフェ「HARAJUKU AR BOX-table projection mapping cafe-」(渋谷区神宮間4)が12月21日、原宿通りにオープンする。

提供する料理には全てプロジェクションマッピングの演出が付く

 レッグス(港区)とトランジットジェネラルオフィス(恵比寿4)が企画・運営。両社はコラボカフェスペース「BOX CAFE&SPACE」シリーズを展開してきた中、テーブル・プロジェクションマッピングを導入する常設のカフェは初となる。同所で営業していた「HARAJUKU BOX CAFE&SPACE」をリニューアルする。

[広告]

 昨年11月、同所で展開したウサギのキャラクター「うさまる」の期間限定カフェで試験導入したが、今回専門の常設カフェとして出店する。店内に用意する11ブース(2人掛け)には、ソニー(品川区)が開発した短焦点プロジェクターを設置する。

 第1弾は「鏡の中のコリラックマ カフェ」として営業。フードメニューは、3品のコース(2人で5,000円)のみ。メインは鶏とキノコのクリームパスタなどに加え、コリラックマバーガー(1月19日まで)、ちらしずし(2月17日~3月22日)など、デザートはパンケーキやなどに加え、クレームブリュレ(1月19日まで)、フォンダンショコラ(1月20日~2月16日)など、期間限定メニューも用意する。

 プロジェクターのステレオカメラで机との距離を認識。料理に付いているキャラクターのイラストをトリガーに、プロジェクションマッピングの演出が始まる。料理の周りをキャラクターが動き回ったり、料理上に演出が現れたりする。中には、触れて動かせる演出もある。料理提供時だけでなく、着席時や飲食終了後などにもプロジェクションマッピングの演出を行う。

 別途ドリンクは、コーヒー(500円)、コリラックマを表現したバニラアイスをトッピングするイチゴミルク(990円)などを用意する。

 営業時間は10時~20時30分(70分入れ替え制、1日8回)。入場料(特典付き)は2人で5,000円(価格は全て税別)。予約優先(予約は2人から)。2020年3月22日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019