見る・遊ぶ

YOSHIKIさん手掛ける「YOSHIKIMONO」、東京ファッションウィークのオープニングに

2016年に行ったコレクションショーより

2016年に行ったコレクションショーより

  •  
  •  

 ミュージシャンのYOSHIKIさん(X JAPAN)が手掛ける着物ブランド「YOSHIKIMONO」が、10月に渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)と表参道ヒルズ(神宮前4)をメイン会場に開催される「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」のオープニングを飾ることが明らかになった。

呉服店の長男として育ったYOSHIKIさん

 日本ファッション・ウィーク推進機構(以下JFW、渋谷3)が主催する同イベントは、日本のファッション・ビジネスの国際競争力強化を図る目的で2005(平成17)年に始まった「東京発 日本ファッション・ウィーク」が前身。今回から、昨シーズンまで冠スポンサーを務めたアマゾン・ジャパンに代わり、ネット通販大手の楽天(世田谷区)が冠スポンサーを務める。

[広告]

 呉服店の長男として育ち、かつては着物を着て生活していたというYOSHIKIさん。世界で活動する中、着物が「日本の誇れる伝統文化である」ことを実感したことから、京都の織物メーカー「スコープココ」のプロデューサー加納圭悟さん協力の下、「伝統と革新の融合」をテーマに同ブランドを立ち上げた。

 2011(平成23)年3月の音楽とファッションのイベント「ASIA GIRLS EXPLOSION」で初披露し、2015(平成27)年10月にファッション・ウィーク東京で本格的にコレクションデビュー。2016(平成28)年10月のショーではモデルがランウェーを歩く中、YOSHIKIさんはピアノを奏でたほか、水が降る中ドラムをたたく演出で花を添えた。今回、3年ぶり3回目の参加となる。

 このほか今年、NYファッション・ウィークでコレクションを発表した「TOMO KOIZUMI」や、同じくNYでコレクションを発表している「KOZABURO」と「LANDLORD NEW YORK」(今回は合同ショーを行う)などの日本人デザイナーが手掛けるブランドを初めて招待する。ユナイテッドアローズの上級顧問でクリエーティブ・ディレクション担当の栗野宏文さんがディレクションし、JFWがアドバイザーとして参加する「FACE A-J」は、アフリカの平和と発展に貢献することを目的としたプロジェクトで、今回はアフリカから3ブランド、日本から3ブランドが参加する。「MIKIO SAKABE」「mercibeaucoup,(メルシーボークー)」もインスタレーションで参加することが明らかになり、参加ブランドは42となった。

 開催期間は10月14日~20日。コレクションショーのほとんどは招待制。

  • はてなブックマークに追加