買う

古着を販売する「ラコステ」、表参道に初出店 大量廃棄問題に焦点

古着と新作が並ぶ店内

古着と新作が並ぶ店内

  •  
  •  

 仏カジュアルブランド「LACOSTE(ラコステ)」初の古着を扱う限定店「OLD meets NEW」(渋谷区神宮前4)が9月13日、表参道にオープンする。

古着と新作を組み合わせたコーディネートを提案する

 ラコステ ジャパン(神宮前2)が企画した日本独自の取り組みとなる同店。日本では未販売のまま破棄される洋服は、1年間の生産量の約50%に当たる14億着(小島マーケティング調べ)に上るという。「タイムレスな価値(変わらない価値)を大切にしている」同ブランドならではの解決策を考察する中、「消費者と一緒にどう楽しめるか」と考えたどりついたのが古着だったという。「新しいリサイクルの活動の一環」に位置付ける。

[広告]

 店名には、新作と古着を組み合わせるファッションの楽しみ方の提案、コアとなる価値観や伝統を守りながら「モダンな新しいイメージの発信」という思いを込めた。ポロシャツだけでなく、アウターや靴、ボトムなどのアイテムも展開していることをアプローチしたい考え。20~30代といった若年層へのアプローチを図り原宿・表参道エリアに出店した。

 同店では、国内の古着店などから買い付けた古着約400着を扱う。店頭では、新作のニットに古着のインナーを合わせる「ニュークラシック」、古着のアウターにスニーカーなどを合わせる「アーバンスポーツ」など、5つのコンセプトで古着と今季の秋冬コレクション(新作)をミックスコーディネートして提案する。古着でもうけを出す考えはなく、仕入れ値と同じ価格で販売する。価格帯は2,000円台~数万円で、ポロシャツやインナーの中心価格は5,000~6,000円ほど。売れ残った際は廃棄せず、顧客へのプレゼントなど「還元できるようなプラン」を検討していく。

 期間中、テキスタイルデザイナー藤澤ゆきさんとコラボレーション。過去に販売した同ブランドのポロシャツまたはTシャツを持参した人、店内で古着を購入した人を対象に、藤澤さんが洋服に無料で箔(はく)を施すアップサイクルサービスも行う(各日先着3人)。

 李孝社長は「ファッションブランドの新作を発表して買っていただくセオリーに反する取り組みだが、タイムレスな価値を提案するラコステとしてはチャレンジするべき取り組み」と話す。

 営業時間は11時~19時(14日は21時まで)。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞