見る・遊ぶ

平和願う「被爆ピアノ」コンサート、渋谷で開催へ

原爆に遭ったピアノを修復した「被爆ピアノ」

原爆に遭ったピアノを修復した「被爆ピアノ」

  •  
  •  

 広島で被災した「被爆ピアノ」を使ったコンサートが8月22日、渋谷区文化総合センター大和田(渋谷区桜丘町)「さくらホール」で開催される。主催は渋谷区倫理法人会の有志を中心に構成する実行委員会。

 被爆ピアノは、1945(昭和20)年8 月6日の広島への原爆投下により傷つきながらも焼け残ったピアノを、被爆2世で調律師の矢川光則さんが修復したピアノ。矢川さんは2001(平成13)年に広島平和記念公園で開催して以降、国内2000カ所以上でコンサートを開催。2010(平成22)年以降は海外でも公演を行っている。

[広告]

 「Peace Concert」と題した同イベントは、このピアノを中心に「平和をつないでいく」ことを目的に初開催する。終戦の時期に合わせ今後も定期開催を予定している。

 当日は、ピアニスト草田一駿さん、ボーカリストAyanaさん、総合芸術集団「東京コンテンポラリーシアター(ジュニアクラス)」、歌手・ハンサム判治さん、いとこ同士のポップスデュオ「カズン」の漆戸啓(うるしどひろし)さん、オペラ歌手・二宮望実さん、斎藤信雄さんらが出演。「アベ・マリア」、「翼をください」、松任谷由実(荒井由実)さんの「ひこうき雲」、歌手・一青窈さんの「ハナミズキ」などの楽曲を披露する。フリーアナウンサー原田佳子さんはピアノに関するポエムを演奏に合わせ朗読する。

 開催時間は18時30分~20時45分(17時30分開場)。観賞料は2,500円(中学生以下は500円」。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞