食べる

代官山に限定「豆苗カフェ」 漫画「凪のお暇」とコラボ、作中登場メニューも

漫画のイラストを随所にあしらう店内

漫画のイラストを随所にあしらう店内

  •  
  •  

 「豆苗カフェ」が7月19日、代官山駅前の「SIGN ALLDAY」(渋谷区代官山町)に期間限定でオープンした。

「豆苗すいとん」など提供するメニュー

 豆苗やスプラウトなど発芽野菜の生産・販売を行う村上農園(広島県)が、コナリミサトさんの漫画「凪のお暇」とコラボレーション。同作は主人公のOL大島凪が過呼吸で倒れたことを機に会社を辞め、郊外でアパート暮らしをする中で豆苗を使った「節約メニュー」が登場する。

[広告]

 同作がターゲットとする20代後半~30代の女性が来街する街であることなどから代官山で展開する同カフェ。ガラス張りのファサードでは、コナリさんが描き下ろした主人公のイラストや豆苗のイラストを掲出。店内には本物の豆苗に加え、コナリさんの複製原画を飾るほか、天井にも主人公をはじめとするキャラクターのイラストをあしらっている。

 漫画1巻から登場するメニューを再現した「豆苗すいとん」(324円、1日20食限定)は原作同様、鶏がらスープと塩・コショウをベースにしたスープで提供する。豆乳みそドレッシングをかける、ビーツが入ったピンク色のポテトサラダやヤングコーン、アスパラなどの野菜、豚しゃぶのサラダ(864円、1日100食限定)は、豆苗のお代わりができるようにした。フード注文客は再生栽培用の栽培容器を進呈する。

 「豆苗茶」(518円)は、豆苗の葉を乾燥させて炒(い)った茶葉を作る同カフェオリジナルメニュー。大島凪の隣人・安良城ゴン(ゴンさん)が作中で「けっこーイケる」とアレンジしたチョコミントアイスをのせるハイボール(702円)には、大島凪の上の階に住むおばあさん考案で作ったチョコスティックを添えて提供する。

 営業時間は11時~21時(土曜・日曜は9時~)。今月28日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞