見る・遊ぶ

シアターオーブでブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」 3年ぶり上演

小池徹平さん(中央左)や三浦春馬さん(同右)らが出演する「キンキーブーツ」より

小池徹平さん(中央左)や三浦春馬さん(同右)らが出演する「キンキーブーツ」より

  •  
  •  

 日本人キャストによるブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」が4月16日から、渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)のミュージカル劇場「東急シアターオーブ」で上演される。

「ローラ~♪」のイントロと共に登場するローラ(三浦春馬さん)

 2005年公開の英同名映画をミュージカル化した同作。経営不振に陥った老舗靴工場が、跡取り息子チャーリー・ブライスがドラァグクイーンのローラに出会ったことで、差別や偏見を捨てドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描く。2013年、トニー賞13部門にノミネートされ、作品賞や主演男優賞、オリジナル楽曲賞、振り付け賞など6部門を受賞した。

[広告]

 ジェリー・ミッチェルさんによる演出・振り付けや、シンディ・ローパーさんが書き下ろした楽曲などはそのままに上演する日本人キャスト版は、2016年に初演。チャーリーを演じた小池徹平さんは菊田一夫演劇賞・演劇賞を、ローラを演じた三浦春馬さんは読売演劇大賞・優秀男優賞と杉村春子賞を、それぞれ受賞した。

 3年ぶりとなる今回、小池さんや三浦さんをはじめ、靴工場で働くローレン=ソニンさん、チャーリーのフィアンセ・二コラ=玉置成実さん、靴工場の現場主任のドン=勝矢さん、工場長ジョージ=ひのあらたさんら、主要キャストを継続する形で再演する。

 前日に開かれた会見には主要キャストと演出・振り付けのミッチェルさんが登場した。三浦さんは再演について「心からうれしい。僕たちもこの瞬間を心待ちにしていた」と喜びを表現。露出の高い衣装も多く、今回は半年前から食事制限などで体をつくってきたという。「洗練された体を見せたかったので、美を追求したというか、曲線をきれいに見せるための体づくりをしてきた」と明かした。「結構動くのでスタミナを使う」と言う小池さんは「体重を増やして臨んだが、1カ月半の稽古で4キロ減ったので、なるべく減らないような栄養の取り方に変えた」とも。

 公演に向け、「本当にハッピーになれる作品。歌もダンスもいいが、芝居の見せるシーンもあるのでそちらも見ていただければ」(小池さん)、「『互いを受け入れる』というこの作品の大切なテーマがふんだんに込められた作品なので、素晴らしい音楽と共にストーリーも楽しんでいただければ」(三浦さん)と来場を呼び掛けた。

 ミッチェルさんは「キンキーブーツの素晴らしいところはドンが言う『自分が変われば世界も変わる』というメッセージ。これは世界のどこに行っても通じるので、届け続けていきたい」と意欲を見せる。

 上演時間は2時間25分(うち休憩20分)予定。鑑賞料は、S席=1万3,500円、A席=1万2,000円、B席=1万円。事前チケットは完売しているが、当日券を用意する(前日14時~電話で予約を受け付ける)。5月12日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞