学ぶ・知る

東急線渋谷駅に全長25メートルの大型LEDビジョン 情報発信力向上へ

地下2階ハチ公改札近くの通路壁面に設置される「ビッグサイネージプレミアム」のイメージ

地下2階ハチ公改札近くの通路壁面に設置される「ビッグサイネージプレミアム」のイメージ

  •  
  •  

 東急田園都市線渋谷駅地下2階で4月22日、広告用LEDビジョン「ビッグサイネージプレミアム」の運用が始まる。

 東急電鉄と東急エージェンシーが展開する渋谷駅周辺の屋外広告媒体「TOKYU OOH」の新媒体となる同ビジョン。渋谷駅周辺はスクランブル交差点周辺を中心に、大型ビジョンや壁面など多くの広告媒体が設置されている。新たな広告媒体を開発することで渋谷の情報発信力の向上を図る。

[広告]

 場所は地下2階ハチ公改札近くの通路壁面で、JRや東京メトロへの乗り換え動線上でもある。サイズは高さ約2メートル×幅約25メートルで、面積は約50平方メートル。COB(=Chip On Board、LED発光チップを集積して基板にパッケージングしたLEDパネル)型1.9ミリピッチ(=ピクセルピッチ、隣接したピクセルでの同色のLED間の距離)ビジョンを採用。画素数は約1417万画素。

 ビジョンの上部には、パナソニックの光ID技術「LinkRay」を設置。LED光源から発信される光ID(信号)信号を、専用アプリを開きスマートフォンのカメラで読み取ることで情報を受け取れるツールになっている。

 上映時間は4時30分~翌1時。広告料金は週400万円(税別)。

  • はてなブックマークに追加